ミニマリストになってやめたことを紹介します

こんにちはカニです。
今日はミニマリストになってやめたことを紹介します。

タバコ

これは辞めるのに結構時間がかかったのですが、辞めることができて3年くらいたちます。
タバコを吸っているときは慢性的に疲れやすかったり、意味不明な咳とかも出ていたので明らかに体調が悪くなっていたんだと思います。
タバコをやめて手に入れたものは

手に入れたもの
タバコ代
健康
快適な空間
時間

タバコ代に関しては、私も喫煙者でしたのでわかります。かなりのスピードでお金が減っていくんですよね。
タバコをやめたら月に換算して14000円ほど、年間なんと168000円もタバコに使っていたんだなと思うと考えさせられるものがります。

結果辞めることで、健康とタバコを吸わないので部屋の空気が綺麗と行った副産物も手に入れることができました。

時間もタバコを吸うと知らないうちに使われていました。
1本当たり5分かかるとして、1日20本は吸っていたので1日100分もタバコに費やしていたんですね。

長年の習慣を断ち切るのは大変でしたが得られるものがそれ以上に大きかったので、今ではやめてよかったと思っています。

ギャンブル

ギャンブルはハマっていたわけではありませんが、結果として全くやらなくなったのでやめてよかったものに入れました。
ギャンブルも経営ですので必ずお店側が儲かるようにできています。そうでなければ成り立ちませんですしね。
必ず負ける勝負をするよりは、自分の勝てそうなビジネスとかに時間を費やした方がいいのでやめてよかったと思っています。

ギャンブルをやめることによって得られたものは

手に入れたもの
ギャンブルで失うはずのお金
ギャンブルで失うはずの時間

どれも貴重なものを得ることができました。

この先もギャンブルはやることはないのでギャンブルの情報などは一切シャットダウンします。

安物買い

安物買いの銭失いって言葉があるように、安物は買っても満足することはありませんでした。
結局安物を買うと中途半端だから、また次が欲しくなるしそれだったら最初からいいものを買う方が満足度も高く全てにおいて機能性なども高いので、長く使えるようになります。
結果安物を何回も買う方が高くつくんですね。

特に私が失敗していた買い物は、安くもなく高くもない中途半端な値段の買い物。
値段も中途半端で性能なども中途半端。
結局いいものに目移りしてしまい買い直すことがありました。
これだとお金の他に選んでいる時間も消耗していまいますので何度か失敗したのちに一切中途半端なものを買うのはやめることにしました。

消耗品は安いのを探しますが、自分が持つものに関しては安物買いは一切しなくなりました。

テレビ

前からテレビは嫌いでほとんど見ていなかったので、テレビを持つのをやめました。

テレビは本当に時間を消費します。
平気で何時間も見ていられるので、自分の時間がなくなります。
他にも情報が受動的ですので、一方的に情報を浴びせられている感じが苦手でした。

そんなテレビが嫌で持つのをやめましたが何も影響はありませんのでやめてよかったです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
私はこれらのことを辞めることで後悔はしていませんし、むしろ自分にとってはプラスに働いていると思います。
皆さんも気になっている習慣や物があれば一度手放してみてはいかがでしょうか?
手放すことで大きなことを得られるようになるのでかなりオススメです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA