サーフィンが辛い初心者必見!テイクオフが全てを変える

サーフィンはテイクオフまでが全て

 

サーフィンはテイクオフまでが全てです。
サーフィンを辞めてしまう人のほとんどがテイクオフまでできずにやめてしまうことが多いのです。

でもそれってすごく勿体無いなーって思ってしまいます。
せっかくサーフィンを始めるって決意ができたんだから、波の上に立てるようになるまで続けてみましょう。
やめるのはテイクオフができてから考えた方がいいです。

 

一番の難関はパドリング、辛いのは最初だけ

 

最初のパドリングの辛さは想像を絶します。それは今憧れているサーファー凄い上手いサーファーも同じ経験をしてきました。

上がらなくなる肩に、切れる息、心臓がバクバクして辛すぎてここでやめてしまう人が多いのです。

ただこの辛いのにはすぐに慣れます。海に通うたびに肺活量は上がり筋肉はどんどんついていきますので、そのうち陸上を歩くのと変わらない感覚で海の上を移動できるようになるのです

テイクオフができれば自然と上達する

 

テイクオフができればサーフィンを止める人が減ってきます。なぜならテイクオフでみた景色はもう二度と忘れないからです。

またその景色を見ようとなんども海に通うことになるでしょう。
私は今でもテイクオフの瞬間が一番スリリングで楽しい部分だと思っています。もちろん乗ってからも楽しんんですが、テイクオフの瞬間だけは一番アドレナリンが出る瞬間です。

こうしてテイクオフができるようになると

楽しい→海に通う→上手くなる→楽しい→海に通う→上手くなるの無限ループに突入します。サーフジャンキーの完成ですね。

テイクオフができるとサーフィンの楽しさがわかる

 

サーフィンという波に乗る行為は、パドリングとテイクオフから全てが始まります。
楽しさがわかってくるとそれまで苦しかったこの行為がなんでもない動作になってきます。

楽しさが広がってくるのはテイクオフができてからです。
気持ちのいいライディングも全てはテイクオフから始まります。

 

テイクオフまで頑張ろう

 

とにかくテイクオフまでは海に通うことが全てです。
早い人で数日〜数ヶ月で必ずできるようになりますので、テイクオフまではサーフィンを続けてみてください。

それでもどうしても面白くなかった人はそこで初めて止めるかどうかを考えてみるのがいいと思います。
誰でも最初は辛いパドリングからスタートして、テイクオフができるようになってサーフィンの楽しさに気づいて夢中になってやっていたら気づいたら上手くなっていたって感じなんです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA