サーフィン初心者必見!波のない日にサーファーがする事[フラット]

1.スケートボード

スケートボードとサーフィンは相性抜群です。
海では波に乗ってからしか体の動かし方を学ぶすべはありません。
なので海だけでサーフィンの体の動かし方を学ぼうとするとどうしても時間がかかってしまいます。

そこでおすすめなのが、陸上でのスケボーでのトレーニングです。
陸上ならなんども反復して練習することができます。
繰り返し繰り返し練習して、海の上でサーフボードに立った時に同じ体の使い方をすればいいライディングができるようになります。

ここで重要なのが、練習するときは波に乗っているように意識して練習すること。
足首でスケボーを動かさず、目線、肩のリード、膝を使ってスケボーを動かすようにすることです。意識して練習することで海での動きが変わってきます

波がない日にはスケートボドのトレーニングがおすすめです。

2.水泳

サーフィンはそのほとんどがパドリングをしている時間です。
パドリングを鍛えることで効率よく波に乗ることができますし、波の取り合いでも負けることが少なくなってきます。
水泳ではクロールを主にして肩周りの筋力、持久力の向上に努めましょう。
水泳をしてから海に入るといつもよりパドリングが楽に感じられるはずです。

トレーニングですのでより負荷をかけて泳ぐと効率的です。
私はパドルグローブをしてトレーニングしていました。

トレーニング後はタンパク質補給も忘れずに

3.筋トレ

サーフィンは様々な筋肉を使用してライディングします。
沖に出るには背筋、肩周りの筋肉をフルに活用しますし、ドルフィンスルー、テイクオフの時などは腕立ての動作を使用して胸筋、腕周りの筋肉を使います。
波に乗ってからは脚力なども必要になってきますので、それらの部位のトレーニングを波のない日に行うといいでしょう。
正しいやり方でトレーニングすれば、サーフィンにも必ずプラスになりますのでおすすめです。

パドリングをきたるにはこんな道具もあります

4.キャンプ

波のない日には気分を切り替えてキャンプなんかもいいかもしれません。

サーフィンとキャンプの相性もとてもいいです。
どちらも自然の中で過ごす行為ですので、相性がいいのはあたりまえですね。

友達と一緒にサーフキャンプをしてどこか違う土地でサーフィンするのも楽しいですね。

5.釣り

サーフィンで培った、潮を見る目などを活かして釣りなんかもいいんじゃないでしょうか?
どちらも海を相手にする行為ですので、お互いの経験が必ず活きてきます。
常に海と向き合っていたい人は釣りがおすすめです!

6.サーフトリップ

サーフィンだけしか頭にない生粋のサーファーは波を求めて旅に出るのがおすすめです。
サーフトリップこそサーフィンの醍醐味でもあり、その思い出は一生忘れることはないでしょう。

サーフィンが大好きな仲間と予定を合わせてサーフトリップ、一人で何も気にすることなく気ままにサーフトリップ。

どっちもおすすめです。

まとめ

サーファーが波のない日の過ごし方は色々ありますが、やはりどこかサーフィンに繋がってきます。
トレーニングするもよし、切り替えて違うことをするのもありです。

サーファーがよく波のない日に過ごす過ごし方は自然の中で過ごすのが圧倒的に多いです。

参考になられたら嬉しいです!
では!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA