多拠点生活をするメリットを紹介します[短期移住]

「多拠点生活をするメリットを知りたい」
「多拠点生活をした場合今とどう変わるのか想像がつかない」

この記事はそんな方に向けて書いています。

こんにちはカニです。今日は多拠点生活をするメリットについてご紹介します。

多拠点生活のいいところは、一箇所に縛られることなく生活ができることにあります。
春から秋まで日本で生活して、寒い冬は暖かい国に移動するなど寒いのが苦手な人はこんな多拠点生活もありです。
現代は、インターネットの発達により働き方も多種多用になって来ています。

ネットワークで完結する仕事をしている場合、住む場所にも縛りはなくなります。

そんな多拠点生活は、これからの「住」のあり方の一つになってくることでしょう。

この記事では多拠点生活を送る際のメリットをご紹介して、少しでも多くの方に多拠点生活を知ってもらいたいです。

それではどうぞ。

旅するように暮らす。多拠点生活を実現するサービスまとめ[デュアルライフ]

2019.01.20

多拠点生活はこれからの新しい生活の在り方だと思う

2019.02.02

新しい賃貸の形「OYO」とは?3月から日本で始まるよ[デュアルライフ]

2019.02.19

多拠点生活のメリット

先ほど多拠点生活はこれからの「住」のあり方になっていくでしょうとお話ししました。
しかし新しいことを始める際にはそれなりに不安が付きまとうものです。
「多拠点生活をするメリットを知りたい」という方のためにいくつかの多拠点生活に感するメリットをご紹介します。

自然災害や地政学的リスクの際に強い

まず最初に多拠点生活は「自然災害や地政学的リスクの際に強い」ということです。
これがどういうことかというと、現在の日本においては災害や地政学的リスクなど毎日のようにこのまま日本で暮らしていて大丈夫なのか?という問題が多くあると思います。

「何かが起きた際に自由に行き来できる場所が欲しい」と考えている方などには複数の拠点を持つことで行き来できる仕組みを作っておくことが大事なのではないでしょうか?

もし何かあった場合でも一時的に避難できるような環境があることはとても心強いことです。
多拠点を持つということはこのようなリスクも回避することができるようになります。

好きな場所で暮らせる

誰でも一度は暮らしてみたい憧れの土地や国なんかがあるのではないでしょうか?
引っ越しするとなるとハードルが上がりますが、今の拠点をベースに一定の期間だけの移住となると急にハードルが下がりませんか?

何も永住するわけではないので、結構軽い感じで住みたいところに住んでみたらいいです。もし合わなかったりした場合はすぐに撤退できるのも多拠点生活ならではですね。

多拠点生活をする場合、仕事が限られるのでビジネススキルが身につく

いざ多拠点生活を始めようと思うと、真っ先に頭に浮かぶのが仕事のことではないでしょうか?
多拠点生活において1番のハードルとなるのがこの仕事についてです。

現在のところ多拠点生活をするには

職業の例
  • 家賃収入など離れていても収入が入る仕組み
  • web関連などネットワークを使ってできる仕事
  • ライターなどの仕事
  • ビジネスオーナーなど離れていても会社が回る仕組みを持っている
  • 季節労働者

などの職業が多拠点生活には向いている職種です。
これらの仕事をしようとするとなるとビジネススキルが必要になってきますので、本気で多拠点生活をしようとすると自然にビジネススキルが磨かれていきます。

[未経験]経験なしでもフリーランスのエンジニアになる方法[プログラマー]

2019.01.19

未経験からwebデザイナーに転職できるオンラインスクールまとめ[初心者]

2019.01.27

Rubyを学習できるプログラミングスクールまとめ[プログラミング]

2019.01.31

30代未経験からプログラミングを勉強するならweb系がおすすめ

2019.01.27

多様な人間関係を築ける

多拠点生活をするメリットとして多様な人間関係を築けることです。
一箇所に定住する生活ですと、人間関係が偏ってしまいがちですが様々な地域に住むことで、多種多様な人に出会うことができます。
それは文化の違いだったり、国籍も違うかもしれません。
そんな多様な人に出会えるようになるのも多拠点で暮らす楽しみの一つです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は多拠点生活をするメリットについて知っていただけたかと思います。
これから多拠点生活にチャレンジしようとしている人もそうでない人も、これからの「住」のあり方について考えるきっかけになれば幸いです。
今回の記事は以上となります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA