物事に極限まで集中するためにものは最小限でいい

スポンサーリンク

エッセンシャル思考エッセンシャル思考に学ぶ

「エッセンシャル思考」とは、重要な仕事を見極め、それ以外の仕事は計画的にそぎ落とすというもの。時間とエネルギーを効果的に配分し、「より少なく、しかしより良く」を追求することで最高のパフォーマンスを発揮しようという考え方だ。

 優秀な人ほど、「あの人に任せておけば大丈夫」となり、ひたすら仕事に追われかねない。相手の機嫌を損ねたくないし、期待に応えたい。深く考えずに引き受けているうちに、どうでもいい仕事に追われ、結局は他人の言いなりの人生を送ることになってしまう

ものを極限まで持たないということは、モノ以外の何かに集中できるということ。

それは仕事だったり遊びかもしれない。

1つの遊びに100%集中するには他の遊び道具はいらない。他の遊び道具があると、頭の中にどうしても集中したい遊び以外の遊びが脳内に浮かんでしまう。

遊びなら一つの遊びに集中するとその遊びのプロフェッショナルになれる。

選択肢は少なければ少ないほど集中できる

選択することやモノが多いと、都度「決定」という行為が出てくるようになります。
この決定をいかに少なくしていくことが他のことに集中できるかのカギになります。
Facebook創業者のザッカーバーグさんは、同じタイプのTシャツをいくつも持っていて、それを着回しているそうです。
その理由が「本来必要な意思決定のために、余計なことを考える事を極力減らす」
との理由からでした。

選択肢を絞ったぶん、その分野で卓越した力を発揮するのは間違いありません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です