テレビを持たないメリットと情報を削ぎ落とすことの大切さ

こんにちは。
今日はテレビを持たないメリットと情報を削ぎ落とすことの大切さについてお話をしていきます。

この記事は

記事の概要
情報の断捨離って何だろう?
テレビを捨てるメリットがしりたい

このような方に向けてお話をしていきます。

この記事を書いている私は、もう何年もテレビを保有しない生活を送っています

テレビを保有しなくても全然大丈夫ですし、むしろ余計な情報が入ってこないことで快適な日々を過ごしています。

ではテレビを持たないメリットとは一体なんなんでしょうか?

理由を交えて解説をしていきます。

余計な情報が入ってこない

テレビを見ない生活を続けていると、マジで余計な情報が頭の中に入ってこなくなります

テレビってついてると意識しなくても情報が音声で入ってきてしまうんですよね。
その情報が全て有益な情報ならいいのですが、偏った情報なども頭に入ってしまうので、冷静な判断を取ることが難しくなってきます。

冷静な判断とは、あくまでフラットな立場で物事を見極めることで、テレビの情報はそのフラットな立場を偏らせてしまうと考えています。

判断基準は常に自分にあるのに、その情報が入ってくることによって迷いなどが出てくることもあるからです。

時間の取られすぎ問題

テレビを見ているとあっという間に時間が経ってしまいます。
何気なく毎回同じことしかやらないニュースを見たり、バラエティを見てたりしたらあっという間に時間が過ぎ去ってしまいます。

この時間は特に勿体無く感じており、テレビを見なくなった時はこんなにも時間が余るもんなんだと感じたことがあります。

情報が偏る

テレビを見続けていると情報が偏ってしまいます。

そのチャンネルも同じ報道を同じ側面からしか報道しないため、この問題は「これが悪いんだな」と裏側のことは一切考えず、テレビの情報を鵜呑みにして思考停止状態でテレビの言うことを受け入れてしまうのです。

これって多数が同じ情報を受け取って同じ不安に駆られて、同じ行動をとる

様々な騒動をみてそう感じました。

見るなら必要な情報だけを取り入れよう

もしテレビを見るならダラダラ同じ情報を得るのではなく、本当に必要な情報を得る時にだけテレビを見るようにします。
これは時間だけでなく、思考停止している頭のためにも是非挑戦してみてもらいたいことです。

偏った情報を世界の全てだと思って、思考停止せず、現実なんてものはテレビの中だけではわかるはずもありません。
リアルは現地に行って自分の目で確かめたことが全てです。

ある程度の情報は必要ですが、テレビを鵜呑みにして動くのは相当危険な行為だと感じています。

自分の直感を取り戻そう

現代はテレビだけでなく、スマホなどでもいつでも簡単に情報を得ることができるため、直感に頼るということが少なくなってきたように思えます。

自分がいいと思ったものはいいし、やりたいと思ったことはやったほうがいいです。
テレビの情報に惑わされず、自分の直感で生きてそれだけにコミットするのが一番人間らしい生き方なのではないでしょうか?

情報はなるべく少なめに

情報はなるべく必要な情報を必要な時だけに得るくらいにとどめておくことが理想です。
まずは自分の直感を信じて生きてみて、その都度必要な情報だけを取り入れるようにすることで、自分らしい生き方ができるのではないでしょうか。

テレビに惑わされることなく、自分がいいと思ったことをやり続けることが私は一番だと感じています。

今日のお話は以上となります

それではまた!!

停滞は衰退。常に変化し続ける考え方を持とう[行動力]

2020.01.23

余計なものはどんどん削ぎ落とし、変化に対応できるようにする

2019.12.25
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください