単身赴任は自炊をするだけで給料が上がったのと同じになる[自炊のすすめ]

こんにちは。
今日は単身赴任は自炊をするだけで給料が上がったのと同じになるということについてお話をしていきます。

この記事は

記事の概要
単身赴任って離れて暮らしてるからお金かかるよね
単身赴任中忙しくて自炊なんかしていられない

このような方に向けて書いています。

この記事を書いている私は、現在単身赴任中で家族と離れて暮らしています。

月にかかる固定費は食費込みで5~6万とかなり安く暮らせているのではないでしょうか?

そんな私は残業が続く日でも必ず自炊をするようにしています。
野菜と魚を中心としたご飯を毎日食べていますので、体調もすこぶるいいです。

ではなぜ単身赴任は自炊をするだけで給料が上がったのと同じになるというのかを理由を交えて解説をしていきます。

毎食外食はかなりの負担

友人たちに話を聞くと毎日外食をしているとのこと、一日に飲み物なども合わせたら3000円くらいは使っているという友達がいました。

月に換算するとおよそ90000円なので、これはかなりの出費となります。

私は、1日の食費はおよそ300円程度で済んでいます。

野菜を中心に、魚を食べるという生活を続けて3ヶ月がたちました。

週の食費は1600~2000円ほどで暮らしています。

ですがこの食事にすると満足感があるばかりか、体調面でもよくなるので結構おすすめです。

料理はしない

私は、料理という料理は味噌汁を作る以外特にしません。

野菜を温野菜にして、魚を焼くくらいです。

この自炊のやり方が、時間のない時でも全然できてしまうので単身赴任者には特にオススメです。

ご飯と野菜と味噌汁と魚だけで日々を暮らしていますので、日本的な食事と野菜をたくさん取ることでコンディションを整えてくれます。

自炊をするのは給料が上がったのと同じ

自炊をすることで、得られるメリットは、健康面だけでなく、金銭面でもかなり助かっています。

私の1ヶ月の食費は10000〜12000円ほどなので、毎食外食するより70000~80000円多く稼いでいることになります。

このように自炊をうまく組み合わせれば、金銭面的にもメリットが大きいのです。

負担にならないルーティンを確立する

先ほども申しましたように、私は料理は味噌汁を作るくらいですので、全然負担になりません
毎日凝った料理をするとそれこそ続きませんが、このように自分に負担のかからない調理法で、毎日続けられることを模索することが一番の自炊生活の切り札となるのではないでしょうか?

まとめ

自炊をすることで、健康面でも金銭面でもとても恩恵を受けることができます。
それは時間が経てばたつほどどんどん実感してくることです。

自炊をするだけで給料がアップするなんてこれ以上の働き方はないですよね。

もし単身赴任中で食費がたくさんかかっている人がいたら、一度実践してみてください。

それでは単身赴任中の皆さん頑張ってください!!

それではまた!!

外食はいらない、食事はシンプルに米と野菜中心で済ませる[ミニマリストの食事]

2020.02.14

[目指せ健康]単身赴任者の12/26のご飯と買い物[一人暮らし]

2019.12.26

[目指せ健康]単身赴任者のクリスマス当日のご飯と買い物[一人暮らし]

2019.12.25

[目指せ健康]単身赴任者の12/23のご飯と買い物[一人暮らし]

2019.12.23

現代では質素な食事がご馳走になりうる[新しい食事の考え方]

2019.12.12

ミニマリストが持つ本物の調理器具!これだけあれば生きていける[キャンプ]

2020.02.16
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください