単身赴任をするなら移動距離が三時間半以内だとベスト

こんにちは。
今日は単身赴任をするなら移動距離が三時間半以内だとベストということについてお話をしていきます。

この記事は

転職で単身赴任を考えているけど家族が心配
具体的にどれくらいの移動なら、単身赴任が可能なのか?

このような方に向けて書いております。

この記事を書いている私は、現在家族と離れて単身赴任でフロントエンドエンジニアをしております。

やはり単身赴任をするときに心配になるのって残してきた家族のことですよね。

現在は片道三時間半の距離で単身赴任をしているのですが、この絶妙な時間が私は単身赴任者にとってベストな時間なのではないかという結論に達しましたので理由を交えて解説をしていきます。

週末に気軽に帰れる

まずなぜ三時間半という距離がちょうどいいかと言いますと、週末に気軽に帰ることができる点にあります。

これが5時間とか10時間とかなら、さすがに少し迷ってしますのですが、三時間半という時間は少し考えて決断することができるようになります。

もし週末は家族に会いたい、子供と遊びたいという方ならこの距離を目安にすると単身赴任の不安は軽減すると思います。

転職で単身赴任をする場合距離ではなく、移動手段の時間で見てみるのがいいと思います。

移動時間がちょうどいい

この移動時間がちょうどいいというのもポイントで、一時間なら少しスマホをいじったらついてしまう距離なのですが、三時間半という時間は何かを考えたりする時間には十分すぎる時間です。

日々が多忙で、ゆっくり考えている暇もないほど忙しい方はこの移動時間にゆっくり考えたりアイディアを出すのはもってこいの時間です。

強制的に考える時間しかない空間はある意味贅沢な時間ですので、この時間を有意義に使いましょう。

ノートとペンを持っていき、日々の思考をアウトプットする時間にもちょうどいいですよ。

急な用事も迷わず帰れる距離

もし家族が急な用事で私の助けを必要としている時でも三時間半という距離なら迷わずに帰ることができます。
緊急を要する用事でも比較的に日程調整がしやすい時間でもあります。

緊急を要するような用事はないに越したことはないのですが、もしものときにはすぐに帰ることができるようになるので、この時間はとても気軽な距離と言えるのです。

高速バスでも、新幹線でも

この時間は高速バスでも、新幹線でも帰れる距離を目安に考えています。
もし新幹線での片道の時間なら、かなりの距離が離れていてもこの時間を参考にすると少しは不安が和らがないでしょうか?

金銭的な面で毎回新幹線は厳しいという方は高速バスを参考にしてみるといいかと思います。

オススメは楽天トラベル

私は毎回楽天トラベルで予約をしているのですが楽天トラベルはポイントを使えたり、楽天を普段から使っている人なら無駄な入力を省くことができるのでオススメです。


高速バスから新幹線まで簡単に予約できますので私はいつもお世話になっています。
普段必要な日用品とか通信費や光熱費楽天カードで支払って、ポイントを貯めることで、帰りのチケット代にポイントを使って払うこともできるようになるのでオススメです。

まとめ

家族持ちで、単身赴任に不安を抱えている人は多いと思います。
ですがこの時間を参考にしていただけたら、少しは不安が和らぐのではないでしょうか?

現実に私が実践して、この時間ならちょうどいいと感じた距離ですのでこれから単身赴任をしようとしている人の参考になられたら幸いです。

今日のお話は以上となります。

それでは!!!

単身赴任者にモバイルwifiはオススメしない。後悔だらけです

2019.12.22

単身赴任者が家族と離れても寂しくならない方法[一人暮らし]

2019.12.23
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください