[未経験]遠回りしてエンジニアになった私が伝える最速でエンジニアになる方法

遠回りしてエンジニアになった私が伝える最速でエンジニアになる方法

こんにちは。
今日は遠回りしてエンジニアになった私が伝える最速でエンジニアになる方法についてお話をしていきます。
この記事は

記事の概要
最短でフロントエンドエンジニアになりたい
未経験からエンジニアになるにはどんな勉強をしたらいいの?

このような方に向けて書いております。

そんな私は、現在フロントエンドエンジニアとして制作会社に勤務しております。
エンジニアになるまでには、自身のビジネスの絡みもあり少々遠回りをしてしまいました。

周りに聞ける環境がなかったのも遠回りしてしまった原因の一つですが、それでも無駄な勉強はたくさんしてきたと感じています。

本当はしなくてもいい勉強をしてきたわけですからエンジニアデビューは勉強開始から時間が経ってのデビューでした。

今では遠回りをしてきたから最短でエンジニアになる方法が見えています

未経験からエンジニアになるのはまとまった勉強の時間を確保することが必須です。
特に勉強を始めたての頃は、本当に分からないことだらけですので、期間が空いてしまうとすぐに忘れたりもしてしまいます。

モチベーションが高いうちにさっさと勉強を始めて最短でエンジニアを目指しましょう!!

progateから始める

まず最初に取り組むべきことは、progateから始めてみてください。
これはweb上でプログラミングを学べるサービスで、最初のきっかけとしては非常に学びやすいものとなっています。
実際に手を動かしながら学習をすることができるので、頭と直感で「こう動くのか!」というのを理解することができます。

なんども言いますが未経験からエンジニアを目指す際にはprogateから始めてみましょう。

progateには様々なプログラミング言語がありますが

学ぶべきこと
html
css
javascript
jquery

この辺りを最初は2周を目標に開始してみてください。

終わる頃には、なんとなくプログラミング言語がどういったものなのかを、理解することができるようになります。

私はこのサービスを学習初期に知りたかったくらい、初心者にとっては有料なサービスですので是非初心者の方はprogateから始めることをおすすめします。

本を数冊最後までやってみる

progateが終わったら実際に書籍を購入して、手を動かしてやってみましょう。
私は30冊以上やりましたが、実際におすすめできる本は以下に記載しています。

この本をこなす頃には、かなりの自信がついてきますのでエンジニアデビューはもう目の前です。

30冊以上は勉強した私がおすすめする良書

html

まずはじめに読んでもらいたい本がこちらです。

こちらの本は、様々なレイアウトの基本を学びながら学習していく本となっています。
シングルページからグリッドレイアウトまで幅広く網羅されていて、さらに非常にわかりやすく書かれています。
最初にこの本を読んでおけばと思えるくらいの良書です

次に読んでもらいたいのはこちらの本です。
最初の本より少し難しめの内容になっていますが、今まで使用したことのないプロパティなども出てきてさらに上の段階を目指せるようになるでしょう。

こちらもベーシックなレイアウトから、グリッドレイアウト、シングルページまで幅広く学ぶことができますので
かなりのオススメです。

css

こちらの本は実際の現場でも製作者がデスクに置いて読んでいる本です。
汚染されにくいcss設計が学べますので、こちらで設計を学ぶと綺麗なcssをかけるようになります。

jquery

jqueryってなに?
こんな疑問を直感的に知ることができるのがこちらの本となっています。
様々な動きを手を動かしながら再現できますので、ここまでやったらかなりの自信がついてくるはずです。

これでサイトの動きを作る部分まで実装することができるようになります.

javascript

ここまできたらもう一息。
これからはjavascriptを学んでいきましょう。

プログラミング言語らしい言語で、要素の置き換えなど様々な場面で活躍するフロントエンドには欠かせない言語です。
こちらは良書が二つありますのでおすすめします。

php

phpはバックエンドと呼ばれるサーバーサイド側のプログラミング言語です。
フロントエンドには必須ではありませんが、覚えておいて損はないです。

メールの仕組みや、ECサイトの仕組みなどが理解できるようになる本ですので、余裕があったら試してみてください。

本を作る過程で学んだことでポートフォリオの作成

ここまできたら、これまでの知識をフル稼働させてポートフォリオの作成に取り掛かりましょう。

今までやってきた本の中から技術を抜き出していき、自身の技術を証明するサイトの作成を行うのです。
面接の際に提出を求められることもありますので、是非ここで作ってしまいましょう。

サイトの模写

一度自分の実力を試す意味として、サイトの模写をしてみましょう。
簡単そうなページを選んで、その通りに作っていく作業ですが、はじめは思った通りにできなくて苦戦しますが、誰もが通る道ですので諦めずに頑張ってみてください。
サイトの模写ができてしまえば、もう転職は目の前です。

転職活動

上記のことを全て実践してきたら、自分には相当な自信がついているはずです。
ここまできたら、あとはエンジニアになる実力は十分ついているはずです。

自信を持って面接に挑んでみてください。

縁がある企業で必ず働くことができるようになります。

まとめ

以上が私が考え付く最短でエンジニアになる方法です。
転職活動では面接で落とされても、何回もチャレンジして夢のエンジニアを目指しましょう!!

何かわからないことがありましたら、相談に乗りますのでお気軽にどうぞ!

それでは!!

リモートワークは辛いから、未経験ならまずは就職をしたほうがいい

2020.01.22

[未経験]遠回りしてエンジニアになった私が伝える最速でエンジニアになる方法

2020.01.21

こんな時代だからこそ、農地を所有してリモートワークをしよう[危機に備える]

2020.04.02

ミニマルライフフードを知ることの重要性[買い占めは起きません]

2020.03.28

危機に備えてシンプルに生き、生き抜く準備をしておく

2020.03.25

【同居】はデメリットだらけ?妊娠・入院中に感じたメリット

2020.03.23

日本に居ても6万あれば暮らしていける。質素に暮らすすすめ

2020.03.06




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください