サンダー(THUNDER)のトラックをサイズ別に比較(スケート)

「サンダー(THUNDER)のトラックを買おうと思っているがどのモデルを買おうか迷っている」
「サンダー(THUNDER)のトラックの比較した情報が知りたい」

この記事はこんな方に向けて書いています。

こんにちはカニです。
今日はサンダー(THUNDER)のトラックの比較について書いていこうと思います。
多くのストリート、パークを滑るスケーターなら一度は耳にしたことがあるであろう、トラックメーカーのサンダー(THUNDER)は多くのスケーターに愛されるトラックになっています。

サンダー(THUNDER)のトラックの魅力はその美しいフォルムと、究極まで追及された軽量化にあると思っています。
事実サンダーのトラックはどのトラックより軽量に作られていて、軽さを求めるスケーターはサンダーのトラックを選ぶ傾向が強いと感じています。

トラックの軽量化に伴って生まれるメリットはオーリーが高くなったり、取り回しがしやすくなることにあります。
一方で軽すぎるトラックはフリップのエアキャッチなどが足に食いついてくる感覚がなくなったなどとデメリットの声も聞こえてきます。

そんなサンダー(THUNDER)のトラックは軽さに応じて主に4段階のモデルがあることはご存知でしょうか?

この記事ではそんなサンダー(THUNDER)のトラックをモデル別に紹介をしていきたいと思います。

皆様がトラックを選ぶ際の参考になられたら幸いです。
それではどうぞ!!

original

サンダー(THUNDER)の最もスタンダードなトラックで他のトラックに比べると軽量化はされていませんが、このトラックの重さがしっくりくるという人にはオススメのモデルです。

143 HI

重さ 311g
高さ 59mm
推奨デッキサイズ 7.0~7.375インチ

145 HI

重さ 323g
高さ 59mm
推奨デッキサイズ 7.5~7.875インチ

147 HI

重さ 335g
高さ 59mm
推奨デッキサイズ 7.875~8.25インチ

148 HI

重さ 358g
高さ 61mm
推奨デッキサイズ 8.125~8.5インチ

149 HI

重さ 360g
高さ 61mm
推奨デッキサイズ 8.375~8.75インチ

light

前に紹介したオリジナルとの違いは、空洞キングピンと呼ばれる、ピンの中が肉抜きされていてその分軽量化しています。他にもベースプレートもオリジナルに比べて軽量化しています。ちょうど中間くらいの重さですのでこちらのトラックはストリートからランプまで幅広く使えます。

145 HI

重さ 306g
高さ 59mm
推奨デッキサイズ 7.4~7.9インチ

147 HI

重さ 316g
高さ 59mm
推奨デッキサイズ 7.9~8.25インチ

148 HI

重さ 340g
高さ 61mm
推奨デッキサイズ 8.125~8.5インチ

149 HI

重さ 346g
高さ 61mm
推奨デッキサイズ 8.375~8.75インチ

HOLLOW LIGHTS

lightからさらにに、空洞シャフトと呼ばれるウィールをつける部分の肉抜きがされていてさらなる軽量化に成功しています。私も使っていますが本当に軽くて初めて乗った時はオーリーが軽くなっていつもより高さが出ました。

145 HI

重さ 294g
高さ 59mm
推奨デッキサイズ 7.5~7.875インチ

147 HI

重さ 301g
高さ 59mm
推奨デッキサイズ 7.875~8.25インチ

148 HI

重さ 321g
高さ 61mm
推奨デッキサイズ 8.125~8.5インチ

149 HI

重さ 325g
高さ 61mm
推奨デッキサイズ 8.375~8.75インチ

TITANIUM LIGHTS

シャフトの部分にチタンを採用してさらに軽量化したモデル。究極の軽さを求めるならこのモデルで間違いありません。

145 HI

重さ 278g
高さ 59mm
推奨デッキサイズ 7.5~7.875インチ

147 HI

重さ 285g
高さ 59mm
推奨デッキサイズ 7.875~8.25インチ

148 HI

重さ 304g
高さ 61mm
推奨デッキサイズ 8.125~8.5インチ

149 HI

重さ 310g
高さ 61mm
推奨デッキサイズ 8.375~8.75インチ

まとめ

いかがでしたでしょうか?サンダーだけを見てもこれだけトラックがあるのですから、選びきれないのも無理はないと思いますが、自分スケートスタイルに合わせてトラックを選ぶのがいいと思います。
オーリーで高さを出してみたいなら、まずはとことん軽量化をしてみるのがおすすめです。

夜のストリートスケートをする際に必要なものと注意点[スケボー]

2019.02.27

スケーター必見!8.0~8.25インチ(inch)のデッキサイズに合うトラックまとめ

2019.05.09

インディペンデント(INDEPENDENT) トラックのサイズ別の比較(スケートボード)

2019.05.08

サーフスケートにおすすめのトラック3選を紹介します[クルージング]

2019.04.12

[skate]スケート(スケボー)のトラックを軽さで比較してみました[sk8]

2016.12.02
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA