youtube配信をmacで始めるiMovieを使用する際のメリット、デメリット

これからyoutube配信を始めていこうと思っているのですが、右も左もわからない初心者です。
そんな初心者の私ですが、地道に始めてみようと思います。
使用する編集ソフトはimovieで編集する予定なのですが、imovieのメリットやデメリットなどについて書いていきます。
それではどうぞ!!

imovieのメリット

macに内蔵されていて無料で使える

youtube動画を作る際には、動画編集ソフトは必須ですがどの動画作成ソフトを見ても高額な料金がかかってしまいます。

有名なソフトですと以下のような金額設定になっています。

  • Final Cut Pro/買い切りの34,800円
  • Adobe Premiere Pro CC/2,480円/月(税別)

本格的にやっていくのであればやはりこれぐらいの投資は必要なのかなーとも感じていますが、とりあえず無料で使えるimovieはネックになる料金が最大のメリットですね。

iphoneとの相性がいい

私が動画を撮る際には、iphoneかgoproで撮影して編集という流れでやっていきたいのですがimovieはiphone版も存在していますので、iphoneで作業してその後macで作業といった事もできるようです。
macが使えないところでは、iphoneで編集して帰宅してからはmacで編集といった流れで編集できますので時間を無駄にしなそうですね。

imovieのデメリット

4K動画が扱えない

4K動画が扱えないというのはデメリットですね。私は今のところ4K動画の作成はしないつもりですが、この先に4K動画の撮影をするなどの必要性が出てきた場合iMovieでは編集ができないみたいですのでその際は有料の編集ソフトに切り替える時かもしれません。

テロップ位置が固定されてしまう

動画を作っていると必ず必要になってくる「テロップ」ですがimovieでは極端にテロップの位置の自由度が低く、決まった場所にしか表示されないようです。
この固定テロップが嫌でimovieをやめてしまう人もいるくらいなので改善求む!!

まとめ

無料で使えるiMovieは他の有料ソフトに比べて、自由度や扱える動画が少ないように感じます。
それを考慮しても優秀なソフトですので、しばらくはimovieでやっていこうと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA