お金がないと感じている人はいつの間にか消費化脳になっていないか?

こんにちはカニです。

今月もお金がピンチで全然貯金もできないし、みんなどうやって貯金とかしてるんだろう??
こんな方に向けて記事を書きます。

そんな私は以前はマキシリストで、ものに溢れる生活をしていました。
お金は入ってくると全て使い切って、貯金なんて全然したこともありませんでしたが、考え方を少し変えるだけで貯金ができる体質になりました。
そんな私の変えた考え方をご紹介します。

お金がない人は消費化脳になりがち

もしあなたがお金がないと感じているのなら、それは自分でも気づかないうちに消費化脳になっている可能性があります。
消費化脳とは具体的に

消費化脳の特徴
お金を使うことでストレスを解消している
必要のないものを必要だと思いがち
同じ機能のものが2つ以上ある

思い当たる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

消費化脳になってしまうとお金を使うためにお金を稼ぐ生活になってしまいますので、いつまでたってもお金の自由から抜け出すことはできなくなります。
そうならないためにはどうしたらいいか?

それは生産脳になることです。

生産脳とは?

生産脳とは、消費脳とは反対に消費をすることに喜びを感じるのではなく生み出すことに喜びを感じることです。
生産を喜びに変えてしまうことで、ストレス解消もこの生産活動で行うようになります。
生産脳になることで生産活動でストレス解消ができてしまうとお金がたまり始めるサイクルに入ります。このサイクルに入ると、消費するより生産する方が圧倒的に楽しくなってくるのです。

まとめ

ここまでのおさらいをします

ポイント
消費脳を切り替える
消費ではなく生産を楽しむ
生産脳にすることでお金のたまりやすい体質にする

具体的に生産とは、ブログやプログラミングやデザイン、執筆なども生産活動になります。
他にも家庭菜園をしてみたり、何かを0から生み出す活動をしてみてはいかがでしょうか?

お金のたまりやすい体質を作るにはまずは考え方から変える必要があります。消費脳のままではなかなかお金がたまりにくいのでまずは考えを変えていきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA