ミニマリストになってできた時間は将来のために使おう

ミニマリストになり徹底的に無駄を排除

断捨離をして、持ち物の無駄と人間関係の整理、他にも時間を取られている多くのことを一旦整理します。
それらの無駄を省くことで得られるものは3つあります。

得られるもの
時間の余裕
お金の余裕
思考の余裕

これらが無駄を排除した後に残る財産です。
マキシリストの時には取られていることさえ気づかないで過ごしています。

無駄を削ることによって、今まで取られていたことに改めて気づくことができるようになるのですが、その無駄を排除した後に取られていたものを取り返した後にそれらを何に注ぐかが重要になってきます。

1日2時間増やすことができれば
1週間で14時間
1ヶ月で60時間
1年間で730時間

これほどの時間を確保することができるんです。
日にちにしておよそ1ヶ月

無駄を徹底的に排除した場合、排除しなかった場合に比べておよそ1年を1ヶ月長くすることができるんです。

この余白の時間に好きなことをしてもいいですし、自己投資のための勉強を行うのもいいでしょう。

何に時間を使い、何に時間を使わないのかがとても重要で大切な時間を無駄なことに使わないように意識しています。

時間を獲得することができたら、その時間を勉強に注ぐのが将来的に見ても投資効率がいいです。

勉強といっても伸びている分野を勉強するのが一番であえて伸びていない分野を勉強するのは、雑学大好きか、余裕のある方だと思います。

どの分野が伸びているか

伸びている分野といえば、やはりIT産業が伸びています。
世界の時価総額ランキングを見ても、上位はIT産業が占めています。

これからもその波は続いていきますので、IT関連は勉強しておいた方がいい分野です。

私もITを勉強し始めてから、加速度的に人生が変わっています。

プログラミングとサイト運営が中でもおすすめで、詳しくはこちらの記事に書いていますのでどうぞ

[未経験]経験なしでもフリーランスのエンジニアになる方法[プログラマー]

2019.01.19

まとめ

時間を得たら、その時間を将来に向けた投資にするのがとても合理的です。
ものを減らして、無駄を減らしていくと自分が思っている以上の余裕を確保することができます。
まずは時間を確保できる仕組みを作って、仕組みを構築したら投資に回していくのが流れとしてはいいです。

今回の記事が参考になられたら嬉しいです。
それでは!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA