栄養補充率トップクラス!《キウイフルーツ》の8つの重要な栄養素と効能

今回はキウイフルーツについてです。

キウイフルーツは体に良いなどは聞いたことはあるけど何がすごいのか?

それを紹介していきます!

♡栄養補充足率が果物でトップクラス!


キウイはビタミンCやタンパク質などの17種類の重要な栄養素がどれくらい含まれているかを比較した時果物の中でトップクラスなんです!

それでは次はキウイの8つの栄養素について紹介していきます。

♡ビタミンC

キウイには100gあたり69mgのビタミンCが含まれています。キウイフルーツ1個で2食分くらいのビタミンCを摂取することができます。

ビタミンCは強い抗酸化作用があります。

細胞の酸化を予防することによって動脈硬化などの心疾患だけでなくさまざまな症状を防ぐことができます。

またビタミンCは免疫物質を増やしたり発がん物質を抑制する働きがあるため免疫力を高めるにはとても重要な栄養素だといえます。

その他には粘膜を正常にしたりコラーゲンをつくるうえで欠かせないのがビタミンCになります。

コラーゲンは肌にハリをもたせる働きがあるので美容効果も期待できます。

♡食物繊維


キウイには食物繊維も含まれており腸内環境も整えてくれます。

キウイには腸内環境をよくする水溶性の食物繊維が0.6g、便のかさを増やしてくれる不溶性の食物繊維が1.6g含まれているのでお通じの改善に良いです!

1日2個腸がよく動くに摂取するといいみたいですよ!

実際うちの子どもが便が硬く便秘気味だったのですが、キウイを食べ始めて数日後には腸内環境が整い便に水分が含まれたおかげで便秘が改善されお通じがよくなりました。

今では便秘知らずで、腸整剤などをのむことも本当になくなりました!

♡カリウム


キウイには100gあたり290mgのカリウムが含まれておりフルーツではトップクラスです。

カリウムはナトリウムと一緒に細胞の浸透圧維持、水分保持をしたりと重要な栄養素になります。

心肺機能や筋肉機能の調節の他に血圧を下げる効果もあります。

♡葉酸


葉酸はビタミンB群の中の1つで、妊娠前から妊娠期に欠かせない栄養素です。

葉酸はビタミンB12と一緒に赤血球を造り血液量を増やす働きがあります。

また、神経管の形成・DNA合成・先天性心疾患のリスク低減など胎児の発育には欠かせない栄養素なんです。

さらに摂取することにより流産率や死産率が低下するという報告もあるそうです!

♡ビタミンE

キウイってなんとなく体が冷えそうなイメージがありますが、ビタミンEも含まれており血行を改善する働きがあります。

冷え性の方にもおすすめです!

また抗酸化作用もあり生活習慣病予防効果も期待できます。

肌のくすみにも効果がありお肌にも良いんです!

♡ビタミンB6


糖質や脂質、たんぱく質からエネルギーをつくります。

皮膚や粘膜の健康維持にも欠かせない栄養素です!

♡ポリフェノール


キウイのに多くのポリフェノールが含まれているみたいなんです!

キウイのポリフェノールには抗炎症作用がありニキビ予防美白しわの改善などが期待できます。

♡アクニジン

アクニヂンは分解酵素です。

お肉やお魚などのたんぱ質の分解を助け消化能力を高め吸収率が良くなります!

また料理などでお肉を柔らかくしてくれる効果もあります。

♡有機酸

有機酸(キナ酸・クエン酸・リンゴ酸)には糖質をエネルギーに変えるときに必要な栄養素になります。

その他には疲労回復効果血行改善貧血予防効果があります。

以上がキウイのすごい8つの栄養素になります。

健康だけでなく美肌にも良いキウイフルーツはスーパーにも1年通しておいてあるので積極的に摂取したいですね(^^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA