仮想通貨がもたらす未来。地域単位での使用が鍵

地域単位での利用をしたらいいのでは

特定の狭い範囲でしか行動しない人、コミュニティがあってそのコミュニティの中で暮らす人。
こういう狭い範囲で動く人にとっては、もう従来のお金は必要ないんじゃないか?

もうその狭い範囲でいきていけるなら、その場所で使える仮想通貨が最適ではないか?

小さい都市づくり

人口がどんどん減っていく中、小さい都市作りが今後の課題になっていく。要は地方のさらに地方に点在している人たちを一箇所に集めて、そこを発展させていくという考えだ。

もし将来的にこのことが実現されれば、その中だけで暮らす人は増えてくるだろう。
どこに行かなくてもその小さな都市にいれば完結するのだから。

ネットインフラが整備されたいまは地方と都市部の格差は少なくなってきている。

小さい都市がこの先どんどん増えていくなら、地域単位でのお金で十分。

もし他の場所に行くなら、地域通貨を円に交換するなどの手段を用いて交換する。

まるで日本から海外に出る時のようにお金を交換して行く。

仮想通貨(暗号資産)関連の株式投資取引銘柄まとめ【NFT】

2022.02.13

こんな時代だからこそ、農地を所有してリモートワークをしよう[危機に備える]

2020.04.02

ミニマルライフフードを知ることの重要性[買い占めは起きません]

2020.03.28

危機に備えてシンプルに生き、生き抜く準備をしておく

2020.03.25

日本に居ても6万あれば暮らしていける。質素に暮らすすすめ

2020.03.06




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください