現在の支出を洗い出し、ミニマルライフコストを把握する

スポンサーリンク

稼ぐお金は最大に、使うお金は小さく

お金って不思議なもので、稼げば稼いだぶん使ってしまいがちなんですよね。言われるがままに内容のよくわかってない生命保険に入ってみたりなど経験があると思います。

お金は稼いでいる時こそしっかり考えなければなりません。

最初に着手すべきことは、やはり固定費の見直しでしょう。固定費を見直しつつ、自分がどこにどんなお金を使っているのかを把握するのがポイントです。

固定費は支出の中で一番大きな部分です。これを見直すか見直さないかによってその後のお金の残り方は全然違いますので必ず実践するようにしましょう。変動費なんかを節約するより固定費をサクッと削ったほうがよっぽどお金が残ります。

大きなところは

・家賃
・保険
・通信
・自動車
・ローン

この辺りですかね。ここは特に大きく響いてきます。

私は通信をLINEモバイルに変えたことにより、大手キャリアを使っていた時よりもかなり料金が下がりました。自動車保険はソニー損保を使用して年間20000円ほどです。

次のステップ

固定費が把握できたなら、次は変動費です何気なくふらっとコンビニで買い物しているものなんかはそれにあたりますね。

惰性で使っているお金なんかは少し意識するだけで使わなくなりますよ。
その小さい買い物が楽しみって人もいるので特に削らなくてもはいいお金ですが参考に。

エクセルなどでリストアップ

全てを削減し終えたら、エクセルなどで固定費変動費をリストアップします。ここでポイントなのが漏れがなく全てをリストアップすることです。小さなお金も全てリストアップするようにしましょう。

ここまできたらあとは自分のミニマルライフコストは把握できたと思います。

ミニマルライフコストを把握できると自分がいくら稼げばいいのかと、現在の収入からいくら余るから、資産としてこれくらい残せるな、、ということが把握しやすくなります。
結果お金の流れを知れて、お金も残せてハッピーな感じです。

お金の流れを知ることはお金を管理するにあたってとても重要なことです。まずは目に見える形にしておくことで客観的にお金を把握しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です