持たないことは迷いを減らすこと[最適化]

スポンサーリンク

「今日着る服は何を着ようか?」「靴は何を履いて行こうか?」そのうえさらに「仕事でのトラブルはどうしようか?」色々悩んでしまって全然決めれないよー
なんかいい方法ないかなー?

こんな方に向けて記事を書きます。

本記事の内容

・持たない決断をして迷いを減らす
・集中できる仕組み作り
・仕組みを構築すればあとは勝手に動き出す

持たない決断をして迷いを減らす

 

今日着る服から、お昼ご飯、さらには仕事のことまで、毎日は選択と決断の連続で、この毎日「何かを選ぶ」ってとても時間を取られてしまうんですよね。そのことについて考えている時間も「選ぶ」に費やしているコストな訳でして、、、

 

そんな決断に時間を取られていたら、楽しい時間がどんどん少なくなっていきます。

選択肢を減らすことによって、考える時間コストが減り他のことに集中する時間を生み出しましょう。

 

集中できる仕組み作り

 

ものを減らす行為は言い換えれば、他のことに集中する仕組み作りとも言えます。
ものや行為を減らすことで選択肢を減らし、その時間を他の行為に全て注ぐことができるようになるのです。

その結果一つのことに集中する時間が増えるため、より効率よく動くことができるようになります。

今一度自分の選択肢を見直してみて、あまりに多すぎる人は何かを減らした方が明らかに効率がいいのでお勧めです。

 

仕組みを構築すればあとは勝手に動き出す

 

仕組みさえ構築してしまえば、あとは意識しなくても勝手に一つのことに集中できますし、自然とお金も貯めるようになってきます。それはそういう仕組みを作ったからなのです。

 

捨てるだけでは勿体無いので買取サービスなどを利用して少しでもお金に変えるのがいいですね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です