[2018年版]最新のお金事情を知るために読んでおいた方がいい本7選[お金リテラシー]

スポンサーリンク

世の中のお金の仕組みはどんどん変わりつつあります。

「お金について知識を高めたい」「最新のお金事情について知りたいな〜」

この記事はこのような方に向けて最新のお金事情を学ぶのにおすすめな本を紹介します。

 

 

お金2.0 新しい経済のルールと生き方

 

タイトルからは何も想像できないお金2.0。しかし読んでいくとAIやVR、フィンテックといった最新のテクノロジーを踏まえた、これからの経済と生き方について詳しく書かれた内容になっています。

最新のお金情報が濃く書かれています。

 

 

 

 

なめらかなお金がめぐる社会。 あるいは、なぜあなたは小さな経済圏で生きるべきなのか、ということ。

 

クラウドファンディングのCAMPFIRE(キャンプファイヤー)代表の家入さんの世界観が色濃く出ている本の内容。これからの時代を生きていく人にはマストな本になるでしょう。
新しい価値観や生き方を知るのにとてもいい内容ですのでおすすめです。

 

 

 

 

投資家が「お金」よりも大切にしていること

 

お金に対する価値観がガラリと変わる内容。お金は実体がなく無色透明といってみたり、お金を通して人生を考える内容です。お金の実体を知り、自分のお金の使い方を学ぶ本。

 

 

 

 

お金は寝かせて増やしなさい

 

金融の素人でもプロと戦える戦略を詰め込んだ内容。
できるだけリスクを取らずにお金を増やす内容が書かれています。積立長期投資の「インデックス投資」を知りたい方は是非読んでみてください。

 

 

 

幸せな人は「お金」と「働く」を知っている

 

なぜ人はお金を稼ぐのか?その誰も教えてくれない内容に対して深く掘り下げてある本。社会に出るとお金を稼ぐのが当たり前だが、その疑問に対しての答えはこの本に書かれています。

 

 

 

 

「おカネの天才」の育て方 一生おカネに困らないために、親が子供に伝えるべき「おカネの話」

 

子供に対してお金の使い方を教える「お金」の話。子供は3歳になるとお金の概念を理解できるようになり、価値と交換の概念をし始める。早いうちにお金の教育をすることで大切なお金の知識を高めることができる。そのためには是非読んでおきたい本。

 

 

 

 

最後に

 

お金リテラシーを高める本のまとめでした。2017~2018年は仮想通貨が盛り上がった年でもあります。
これからはもっとブロックチェーンや小規模の経済圏など新しいお金の変革が世の中に浸透して世界が変わります。仮想通貨もどんどん浸透していきます。最新のお金の情報を入手しつつ、時代の変革についていきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です