やることより、やらない選択肢を増やす方がいい理由[断捨離]

スポンサーリンク

「どんなに時間がっても足りない」「時間管理が上手な人はどんな時間の管理をしているんだろう」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

・やる選択よりやらない選択
・やらなくていいこと

やる選択よりやらない選択

米誌「Success Magazine」が、「やらないこと」を適切に判断できれば、生産性アップに繋がると伝えています。

1: ある期間における優先課題・目標を掲げる
2: 現在の自分の時間の使い方を記録する
3: 記録を分析する
4: タスクの優先順位を決める

toDoリストと同時に、”Do-not-do” リストを作成することが重要です。「自分自身が行うことで最高のパフォーマンスを発揮できるタスク」を整理することで、時間を効率的に使用することができ、生産性が向上すると言います。

 

このことからもわかるように”やらない”決断をすることにより、時間を多く確保でき、結果本当に集中したいことに時間を突っ込むことができます。
やることはどんどん増えていきますが、それと同時に自分はやらないということを明確にすることも大事なことです。
時間は誰にでも平等ですので、その時間を有効に使わないのは勿体無いですよね。

 

 

やらなくていいこと

 

「やらないことを決めること」ということは「やることを決めること」と同じくらい大切なこと

出典
「やりたいこと」をやるために「やらないこと」を決めること。 | 幸せな人生を送る30の方法 | HappyLifeStyle

いっぽうで、「やること」ばかりに目を向けないで「やらないこと」もキッチリ頭に入れておこうという考え方

出典
「やることリスト」と「やらないことリスト」と、どちらが効果的か?(横山 信弘) – 個人 – Yahoo!ニュース

ビジョンを策定する際、究極的な目標を定めることと同時に、やらないことを決めることが非常に重要

出典
やらないことを決めること

 

やらないことリストを作り、やらないことを徹底的にやらないようにすることが大事。
集中して取り組むことが何より大事で、他にタスクを抱えている時の数倍は力を発揮できます。
何より集中が大事。
持ち物もタスクもそうですが、厳選して徹底的に減らすことでより大事なことが見えてきます。見えてきたら、あとはそれに対して徹底的に時間を注ぎましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です