移動生活を実現するために最小限の荷物しか持たない理由を解説

スポンサーリンク

バックパック一つで生活をしたい人「持ち物が少ないのって憧れるな。でも持ち物が減ったら暮らすのに困りそう。経験者の意見が聴きたいな。

 

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

・荷物を減らすことにより起こるメリット、デメリット

・減らすための具体的な実践方法

・最初は少しからでok。避けるべきは溜め込むことです。

 

この記事を書いている私は、現在バックパック一つで生活しています。

全ての荷物はバックパック一つに収まり、無駄な荷物は持たないので探し物も減っていい感じに暮らしています。

必要なものが分かれば無駄な買い物をしなくなるわけで、、結果としてお金がたまり旅にいける回数も増えて自分の好きなことに全力投球できている状態です

こういった背景の私が”バックパック暮らし”事情をお話しします。

 

荷物を減らすことにより起こるメリット、デメリット

 

結論、荷物を減らすことはメリットしかありません。

荷物を減らすと余計な買い物が減る。
その結果、お金が貯まるようになる。

でも、物を減らすと生活に不便じゃないか?
当たり前ですが必要なものは買います。ですがここで重要なのが、買うものの適正量を知ることです。
必要なものを必要なタイミングで必要な量を買う。これを守っていればものが増えて行くことはありません。
大事なのはストックをしないという結果です。

あなたならどちらを選びますか?

・20万稼いで20万消費する生活

・20万稼いで10万消費する生活

私は後者を選びます。

でも急にバックパック一つで生活なんてハードルがたかそう・・・
いやいやそんなことはありませんよ。

バックパック一つで暮らすには具体的な方法と手順があります。

 

減らすための具体的な実践方法

 

ものを減らす方法は色々ありますが、手っ取り早く減らす方法は3つ。

・季節もの以外で直近3ヶ月使用していないものは捨てる
・必要なものを必要なタイミングで、必要な量を買うようにする
・いつか使えそう、、という理由でものをストックしない

直近3ヶ月でしようしていないものはこれから先も使用しない可能性が高いです。
そういったものから積極的に減らすようにします。
意外と使っていないものって多いんですよね。必要になったらその時に買いましょう。
ここでひとつポイントなのですが、積極的に捨てるのは、また購入できるものだけに焦点を当ててください。
大事なもを捨ててしまうのを防ぐためです。
今の世の中はたいていのものは買うことができますが、人からもらった大事なものや思い出のあるもの。こういったものは捨ててしまわないように注意してください。

いつか使えそう、、、、そのいつかがきたらそのタイミングで購入するのがオススメですよ。

 

最初は少しからでok。避けるべきは溜め込むことです

ある調査では、ビジネスマンがものを探す時間に費やす時間は年間で150時間とも言われています。つまり年間6日くらいはものを探しているわけです。
これってすごく無駄が多いと思いませんか?

ものを減らして身軽になればこの6日が手に入るわけです。

最初から一気に捨てるのは間違って大事なものも捨ててしまう可能性があります。

最初は少しずつでいいので、意識を変えることを意識してください。
そうすれば自然とものがへり、身軽に移動生活ができるようになってきます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です