朝起きると腰が痛くて、立つのも辛くて整形外科に行く

スポンサーリンク

突然の腰痛

 

前日まで、異変がなかった腰。

朝起きると、ぎっくり腰のように腰をまっすぐ伸ばすことができなくなっていた。

おまけに足に力も入らず、歩くのも困難な状態に。

 

少し横になり、休んでいると起き上がれるくらいまではなって、歩くのも可能に。

 

今までぎっくり腰は数回経験があるが、そのどれとも違う痛みと足に力が入らない感じが気持ち悪く病院に診察に行くことにした。

 

診断結果

 

レントゲンを撮り、先生の診察を待っていると、診断結果は腰椎分離症との診断結果が、、、、

今まで何度も腰痛を繰り返していて、初めてまともに診察を受けた。

 

病名が明らかになりなんだかホッとして、これからどうすればいいのか聞いたところ「手術をしてもいいけど無理してするほどではない」とのことでした。

 

なんだかあやふやですが、また痛くなったらきてくれとのことでした。

 

治療

 

その病院にはリハビリ施設も備わっているので、ついでに治療をしてきました。

腰の筋肉が固まると腰痛を引き起こすらしいので、電気で筋肉をほぐし、さらにベルトみたいなのを巻いて腰を引っ張ったりする治療を受けました。

 

この治療のおかげか、違和感が取れてスッキリした感じがします。

 

腰の筋肉が固まってしまう前に定期的にほぐしてあげるのがいいかもしれません。

 

あとは腰を支えるインナーマッスルを鍛えるストレッチを欠かさず行うようにしようと決意しました。腰に負担がかかるのが事前にわかっていればコルセットが効果的とのことでした。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です