フライパンでステーキを焼く!体が疲れてる時は肉を食べよう

スポンサーリンク

 

ステーキ用のお肉をいただきまして、美味しく食べたいと思います。

今回はステーキ肉を美味しく焼くための方法をご紹介します。

 

下準備

 

用意するもの

・塩胡椒
・フライパン
・油

 

もし冷凍している肉を使用する場合は事前に冷凍庫から出して、自然解凍をしておく。

 

 

解凍終了して焼く30分前には、常温に置いておく。

 

肉の中の水分が出てきてしまうので、塩胡椒は焼く直前に振りましょう。

 

 

牛脂もしくはサラダ油をひきフライパンは最初は強火で煙が出るくらいに熱々にしておきます。

 

肉の投入

 

用意するもの
・キッチンタイマー

 

 

今回はミディアムで焼いてみました。

 

レア

30秒強火→1分弱火→ひっくり返す→30秒強火→1分弱火

 

 

ミディアム

1分強火→2分弱火→ひっくり返す→30秒強火→2分弱火

 

 

ウエルダン

肉汁が出るまで強火→ひっくり返す→肉汁が出るまで強火→1分弱火

 

 

 

肉の厚さでも時間は変わってきますが、今回は厚さ2cmを想定した焼き方です。

 

 

寝かせ作業

 

寝かせないうちにナイフを入れてしまうと中から肉汁が出てしまいますので、必ず寝かせをしてから食べるようにします。
焼き終えたら、蓋をして(アルミホイルでも可)5分ほど置きましょう。

 


この時も余熱で火が通りますので、ウエルダン以外の焼き方はここで調整するようにします。

 

 

まとめ

 

美味しいステーキを焼くコツは「表面を強火で素早く焼いて、旨味(肉汁)肉汁を中に閉じ込める」に限ります。
美味しいお肉はシンプルな塩胡椒のみでもとても美味しいので、ぜひ試してみてください。

 

 

 







スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です