緊急事態!雪で車が動かない時の対処法

スポンサーリンク

 

前後にゆっくり動いて雪を踏み固めてみる

 

スタックしてまだ間も無い時に有効な手段です。ゆっくりと前後に発進とバックを繰り返し、足元の雪を固めるイメージで踏み固めましょう。
もしうまく踏み固めれたら脱出が可能です。

 

 

 

スコップでタイヤの周りの雪を寄せる

 

もし車にスコップや雪を寄せれる道具が積んであったら、タイヤの周りの雪を寄せましょう。
寄せたら同乗者がいたら押してもらい脱出してみましょう。

 

自動車の足元に敷いてあるマットを利用する

 

もしタイヤが空転して、うまく路面と噛まない時は車内マットを空転しているタイヤの下に敷きましょう。うまく噛んでくれると脱出できます。
同乗者がいたら全力で押してもらいます。

 

近くに砂箱がないか探す

 

雪国などでは道路に砂箱が用意されている場合があります。もし運よく近くにあったら、タイヤの周りに砂を撒いて脱出させましょう。

 

布か板、最悪着ている服を下に敷く

 

板やバスタオルなどが理想ですが、もしどちらも無い場合は最悪着ている服を下に敷いてタイヤのグリップをあげるようにします。この際服やタオルはボロボロになります。

 

 

タイヤの空気を抜く

 

タイヤの接地面を増やす意味でタイヤの空気を抜きます。抜く際は全部抜くのではなく、接地面が増える程度抜くようにしましょう。
空気を抜いたらすぐに最寄りのスタンドなどで空気圧を適正に戻すようにしてください。

 

通りがかりの車に助けを求める

 

通りがかりの車がいる場合は助けを求めてみましょう。道路脇から両手を振れば止まってくれるでしょう。
助け合いの精神で自分が同じ状況の車を見つけたら積極的に助けてあげましょう。

 

JAFを呼ぶ

 

JAFロードサービスを呼ぶ(#8139)JAF会員の場合無料ですが、非会員の場合は有料になってしまいます。値段は20000円〜くらいをみておきましょう。冬の時期のJAFは大変込み合いますのですぐに駆けつけてもらえない場合もあります。

JAF年会費はこちら

 

まとめ

 

大雪が降ると除雪が間に合わず、タイヤが雪にはまってしまい抜けれなくなることが多々あります。最悪JAFで助かりますがその前になんとか脱出したいです。
天気予報をまめにチェックし、大雪が降る前はチェーンを持って行くなど緊急時に備えるのが一番です。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です