旅をすることで人は成長する!旅をして起きた変化

スポンサーリンク

 

旅はどんなに私に生々としたもの、新しいもの、自由なもの、まことなものを与えたであろうか。旅に出さえすると私はいつも本当の私となった – 田山花袋

 

サヴァイヴ能力がつく

 

サヴァイヴの能力は人間が本当に窮地に立った時に磨かれる。言語も何も通じない異国の地でパッケージツアーとかではなく自分で航空券を手配し、現地ではローカルバスやタクシーを駆使し目的地までたどり着く。
しかも言葉は通じないので、必死に現地の言葉で伝えなければ生きていけない。そのような状況に置かれて初めてサヴァイヴ能力が磨かれるのだ。

 

人の優しさに触れる

 

人の優しさに触れることは多々ある。困っているときは本当に助け合いなんだと身にしみる出来事が多々ある。
私は道に迷っているとき10歳くらいの男の子にバイクで目的地まで送ってもらいました。
人の優しさに触れることにより、他の人にも自分が優しくなれます。旅に出て困っている人がいたら積極的に助けてあげましょう。

 

お金のやりくりが上手になる

 

旅に出るとお金を管理する感覚が通常より磨かれます。国が変われば物価も違うし、食べ物の値段も宿の値段も全く違います。
毎回お金の計算をしているうちに、お金の管理能力が磨かれてきます。
お金の枯渇は旅の終了にもなりますので、なるべく長く旅を継続させるためにもお金のマネジメントは必須項目になってきます。

 

強靭な心になる

 

旅に出るとそれまで日本で培った現実や常識は全てひっくり返されます。時には悪質なボッタクリにあったり、いい人だと思っていたがお金目当てだったりと、様々なトラブルがつきまとうでしょう。そのようなトラブルに対して、毎回落ち込んでいるわけにもいきません。
そのような経験を積み重ねることにより少しのことでは動じない強靭な心を持つことができます。

トラブルの数だけ人は成長していくのですから、トラブルは頭を使って切り抜けましょう。
その後には成長が待っています。

 

旅人との交流

ゲストハウスのドミトリーなどに宿泊したりしていると他の旅人と仲良くなることがあります。
情報交換をしたり、自分の話をしたり聞いたり異国で出会う仲間はかけがえのない存在です。
他の旅人と仲良くなって一緒に旅をすることがあったりします。一緒に旅に出るということは、その時同じタイミングで出会い、同じ目的を持って、同じ時間を共有するのですから、奇跡に近いです。
旅で出会った仲間がその後も友達というケースも珍しくありません。

 

まとめ

 

他にも旅に出ることで得られる経験は一生の財産となり死ぬまで心に刻まれることでしょう。
旅に出て後悔をしたという話は聞いたことがありません。

私も旅に出て本当に良かったと思いますし、死ぬまで旅人でいたいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です