引き出物で欲しい物が無いので募金してみました

スポンサーリンク

結婚式にて

 

結婚式で引き出物でカタログギフトをもらいました。

特に欲しいものがなく食べ物にしようかと見ていました。

食べ物でも特に食べたいものがなく、困り果てているとあるページを発見。

 

 

「募金ができるのかー」

「特に欲しい物も無いしいいかなー」

と軽い気持ちで募金先を調べてみました。

 

UNHCRという機関

 

募金先はUNHCRという募金、寄付で難民の援助活動を行なっている機関。

 

家を追われ不安な生活を強いられている人たちを救済する機関のようです。

 

現在世界には6530万人もの難民がいて、その人数は戦後最高の水準になっているようです。

 

 

難しい国の事情はわかりませんが、国境、難民という言葉自体が今の世界ではナンセンスな気がしてなりません。

国境関係なしに困っている人がいれば助けてあげれればいい世界になるんじゃないかな?

そんな簡単じゃ無いことはわかっているけど、困っている人を助けるという当たり前のことができない世界、、、、

経済関係、失業率が難民の流入で悪化するのはわかるが、まず人を助け、お金のことはあとで考えればいんじゃないかな?

 

お金お金で人も助けられないような世界はなんだか悲しいね。

 

 

まとめ

 

結婚式の引き出物で、結構考えさせられました。実際私たちは普通に生活しているけど、世界には家もなく食べ物もなく、明日の生活さえ見えない人が大勢いること。
もし結婚式の引き出物で募金の項目があって欲しいものがなかったらやってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です