赤ちゃんの鼻水を楽に吸い取ってあげました

スポンサーリンク

鼻が詰まってしまい

 

赤ちゃんの鼻づまりは、見てて苦しそうですし赤ちゃんは自分で鼻をかむこともできません。
赤ちゃんは口呼吸がまだうまくできないので、鼻水をとって改善させてあげたいですよね。

 

ママ鼻水取ってという商品が赤ちゃんの鼻水をとるのにとても便利でしたので紹介します。

 

赤ちゃんの鼻水の取り方といえば

・ティッシュでとる・・
赤ちゃんの肌は敏感ですのでティッシュでとる場合は擦らないように優しく拭いてあげる必要があります。
ですがティッシュでとる場合鼻の奥に詰まった鼻水は取りづらいという欠点があります。

 

・綿棒で取ってあげる・・
サラサラの鼻水の場合、綿棒に吸わせるようにとるのがポインントです。
決して鼻をグリグリとしないように、あくまで綿棒に鼻水を吸わせましょう。鼻の粘膜はとても傷つきやすいので、あまり鼻の奥に入れることはしないでください。

など色々試してみましたが、うまく吸い取れなかったりで赤ちゃんがかわいそうでした。

ある日見つけたこれママ鼻水トッテという名前の鼻水吸い取り機です。

 

 

ママ鼻水トッテという商品は、鼻水を吸引してくれるので、使った後は呼吸も静かになり楽になったみたいでよかったです。

ママ鼻水トッテとは

鼻水がしっかりととれて助かると、発売以来、お母さんの間で大好評の「ママ鼻水トッテ」。
中耳炎をはじめ、喘息などの呼吸器障害にもつながる鼻づまりから、赤ちゃんを守ろうと、耳鼻科の先生が考案した、お口で吸うタイプの鼻すい器です。

 

赤ちゃんがどんな姿勢でも奥の鼻水までとれる!
しっかりくわえやすく吸いやすい、「らくちんマウスピース」採用
口元で吸引力の調整ができるので、とりにくい奥の鼻水まで残らず、やさしく、しかも簡単にとれるのが特長です。
ダブルチューブ方式なので、お子さまを寝かせた姿勢で使用しても、吸った鼻水がママの口に入りません。
吸った鼻水はボトルにたまるので、お子さまの鼻腔内に逆流しません。
鼻に当たる部分が丸型で奥まで入らないので、お子さまが動いても鼻の粘膜を傷つけず、安心して使用できます。
ボトルが透明なので、お子さまの鼻水の状態や量が確認できます。
ノーズピースとマウスピースは体に安心な「抗菌剤入り」なので、衛生的です。
赤ちゃん(新生児)から大人まで使用できます。

鼻水を取るのにとても使いやすく、先っぽを鼻に入れて吸うだけと簡単な作りになっていますので誰でも簡単に吸うことができる仕様になっています。

まとめ

 

結果的に購入してよかったです。呼吸が苦しいのは大人でも嫌なのに赤ちゃんはとても苦しいはずです。
いろんな取り方があるので自分に合ったやり方で赤ちゃんを楽にさせてあげましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です