赤ちゃんがかかりやすい肌トラブルをまとめてみました

スポンサーリンク

 

新生児ニキビ

症状

新生児ニキビとは生後3ヶ月くらいまでできるニキビのことです。
特徴としては頬や顔全体が晴れて赤っぽく見えたりします
大人のニキビと同じで、毛穴に汚れがつまり炎症を起こしている場合がほとんどです。

 

お風呂で清潔に

赤ちゃんは汗や皮脂を活発に分泌しているため、なるべく肌を清潔に保つようにしましょう。

 

寝具が汚れている可能性もあり

赤ちゃんは一日の大半を寝て過ごします。もし寝具が汚れていたりしたら、敏感な赤ちゃんの肌はすぐに荒れてしまいます。
シーツを毎日洗うのは大変なので、バスタオルを敷いて毎日交換してあげるようにすると清潔に保てて赤ちゃんの肌にも優しいですね。

 

乳児脂漏性湿疹

症状

乳児脂漏性湿疹の特徴は顔や頭部に黄色いカサブタのようなものができてきます。赤ちゃんは代謝が良く皮脂のを活発に分泌しているため皮脂や汗が毛穴につまり乳児脂漏性湿疹を引き起こしています。炎症を起こすと患部が赤く腫れたりもするため赤ちゃんが引っ掻かないように爪のケアは怠らないようにします。

 

お風呂で清潔に

できるだけ患部を清潔に保つように心がけましょう。ゴシゴシ洗ったりすると患部を傷つけて悪化させる可能性がありますので、優しく洗うようにしましょう。

 

あせも

症状

皮膚の表面近くに汗が溜まってできる白いあせもを水晶様汗疹といいます。小さい水ぶくれのようになるのが特徴で、赤いブツブツがでるタイプのあせもは紅色汗疹といい皮膚の深いところに汗が溜まって引き起こる症状です。
皮膚の表面に小さな(1~3mm)くらいの白っぽい水ぶくれが出てきたら白いあせも(水晶様汗疹)の可能性がありますので注意して観察するようにしてください。

 

対策

汗をかいたらこまめに清潔なタオルやガーゼで擦らないように優しく拭いてあげましょう。さらに通気性のいい服を着せてあげて、汗をかいたらこまめに着替えをさせてあげましょう。
それでも汗をかくようでしたらエアコンや除湿機で湿度と温度を調節してあげましょう。

水晶様汗疹の場合、特別な治療をしなくても上記の対策をしていれば、1~2日ほどで治ってきます。
紅色汗疹の場合、痒みを引き起こし寝てる間に掻きむしってしまい、症状を悪化させる場合がありますので早めに皮膚科の受診をするようにします。

 

アトピー性皮膚炎

症状

アトピーの主な症状は顔や頭部、耳やひじや膝など関節部分に現れることが多く、発症すると強い痒みを伴い、ジュクジュクしたり、乾燥肌、皮膚がガサガサした症状を伴います。
また一旦治ってもまた再発したり繰り返す傾向もあります。

 

早めの診察を

アトピー性皮膚炎の疑いがある場合、医師の診察を受けて適切な治療をする必要があります。アレルギーテストなどを行い、アレルギーが発見されたらその食べ物は食べないようにするなどの措置も必要になってきます。また、ダニやハウスダストが原因で発症する場合もありますので、寝具や部屋は清潔に保つようにします。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です