ブルーナの0歳からの本を娘に買ってあげた

スポンサーリンク

またまた0歳児用の本です。
こちらは以前紹介したあかあかくろくろとは違い、文字のない、絵で勝負している絵本です。

 

1のほうはミッフィーちゃんの生活お風呂に入ったり、犬と遊んだり、お父さんやお母さんも出てきて、自分でストーリーを仕立てながら読んであげるのがいいと思います。
2はお友達と遊んだり、ミッフィーちゃんの夢が描かれていたりと、また違った内容で娘に読み聞かせたりしています。

 

0歳に絵本は早いと思うかもしれませんが、ちゃんと見て聞いてくれてますよ^^

「0歳からの本」をすすめます「0歳からの本」というと驚かれる方がいるかもしれません。
けれども、子どもには生まれたその日から親子のコミュニケーションが必要であり、
そのコミュミケーションをはかる道具のひとつとして、本は重要なものだと思います。
もちろん、低年齢児に与えるものですから、絵が簡潔であること、安全であること、
玩具としても使えることなどが必要条件ですが、このシリーズは、それらの条件を
兼ね備えていると、思います。──筑波大学教授 福沢周亮
(引用元ehonnnavi)

 

こちらのブルーナの0歳からの絵本もシリーズ化しているようなので、機会があれば次も見てみようと思います。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です