スケート(スケボー)のトラックを軽さで比較してみました

スポンサーリンク

トラックの買い替え

 

今まで使っていたトラックがボロボロになってきて、そろそろ買い替えの時期がやってきました。トラックを交換するのは2年ぶりです。

そこで候補を絞りまして比較しました。

デッキは幅の広め8インチ以上の使用を考えていて、高さはHI比較してみました。

 

 

インディペンデント(INDEPENDENT)

 

INDEPENDENT – FORGED HOLLOW 139

 

139の推奨デッキ幅 約20.0~20.9cm(7.875~8.25inch)

 

139HI : 340g

 

ベンチャー(VENTURE)

 

VENTURE – V HOLLOW LIGHTS 5.25

 

5.25の推奨デッキ幅 約20.0~20.9cm(7.875~8.25inch)

 

5.25HI : 326g

 

サンダー(THUNDER)

 

Thunder Truck Hollow Lights 147

 

147の推奨デッキ幅20.0cm ~ 21.0cm

 

147 HI : 301g

 

まとめ

 

今回ピックアップしたトラックは全て空洞シャフト、空洞キングピン、軽量化ベースプレートを採用したhollowシリーズ値段も手頃で軽さを求めるならこのシリーズでした。

 

比べてみると
インディ  340g
ベンチャー 326g
サンダー 301g

 

とわずかな差ながら、サンダーが最軽量となっていました。
インディーとサンダーでの差は約40gですが、オーリーの回数を重ねていくにつれて重さの負担はとても重要な部分になってきます。

 

1回飛ぶと40g、10回飛ぶと400g、100回飛ぶと4000gとこれだけの違いが出てくるのでサンダーに決めてみました。
実際届き使用してみると、とても軽くオーリーの時の板の上がりが違うように感じられました。

 

 

空洞シャフト部分

 

img_2766

 

空洞キングピン部分

 

 

img_2765

 

このようにシャフトとキングピンが空洞になっており軽量化がされています。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です