カメムシの駆除器を自作して、ニオイ対策をしてみた

スポンサーリンク

 

毎年稲刈りの終了と共に大量に家の中に侵入してくる厄介な害虫のカメムシ。駆除をするにもあの臭いを出されたらその日はとても嫌な気分になります。
私が今まで実践していた方法と言えば

 

 

1.ティッシュでの捕獲

 

この方法は正直おすすめしません、カメムシを捕まえる時に刺激してしまい、臭いを出す確率大です!
しかもそのカメムシを外に出そうとしてもティッシュに足が絡まりうまく離れてくれません。もうこの時点で部屋は臭くなっていることでしょう。

 

2.ガムテープでの捕獲

 

ガムテープでの捕獲ははっきり言ってかなりおすすめです。やり方としては、粘着力の強いガムテープを10cmほどの長さに切ります。
カメムシが捕獲できる間合いにカメムシが入ってくるまで待ちます。カメムシの背中にそっとガムテープを貼り、引き上げてカメムシがついてくれば大成功です。そのままガムテープを折りゴミ箱に捨てましょう。
捕獲する際に注意してもらいたいのが、カメムシの足場です。カメムシの足が絡まない(布の上などは危険)所に止まったところで捕獲するようにしましょう


あとは安いガムテープは粘着力が弱いことがあるので、できれば強力なガムテープをおすすめします。

 

 

 

3.自作のペットボトル捕獲器の作成

 

用意するもの

 

1.ペットボトル(凹凸のないツルツルしたタイプが望ましい)
2.カッター

 

img_2687 img_2688

 

ペットボトルを用意したら半分くらいの所に切り込みを入れ、そのまま半分に切り落とします。

 

img_2689

完成です!

 

 

早速この捕獲器を使ってみましょう!

img_2693

 

カメムシの活性が高い時の方が捕獲しやすいです(飛び回っているときはNG)
歩いているカメムシの進行方向にペットボトルを設置し、カメムシが入ってくるのを待ちましょう。設置して入ればほぼ100%入ってきます。
入ったらカメムシが飛んで逃げないように、入口を雑誌などでおさえて外に逃がしましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です