外傷にも解熱にも効果的!ヤロウを栽培してみよう!

スポンサーリンク

名称

ヤロウ(セイヨウノコギリソウ)

 

種まきの時期

春まき 4月上旬〜5月下旬頃まで
秋まき 9月上旬〜10月下旬頃まで

 

収穫の時期

5月上旬〜8月下旬頃まで

 

主な利用法

鑑賞、料理、ハーブティー

 

利用部位

花、葉、茎

 

作用

止血作用、解熱作用、殺菌作用、収れん作用、鎮痛作用、抗炎症、創傷、血行促進、利尿作用

 

土質

水はけの良い所が好しい。

 

水やり

多湿を嫌い、乾燥を好むハーブですので乾燥気味に管理する。

 

日当り

日当りの良い場所で管理するようにしましょう。

 

耐寒性

耐寒性あり


 

特徴

ヤロウは古代ギリシャ時代は止血の為に使用されていた歴史があります。外傷から解熱まで幅広く使用できます。
生の葉はサラダなどにして食べる事も出来ます。その他にもリキュールの風味付けなどにも使用されたりしています。

 


 

ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です