史上最古の作物の1つ!フェンネルを栽培してみよう!

スポンサーリンク

 

名称

フェンネル

 

種まきの時期

 

春まき 4月上旬〜5月下旬頃まで
秋まき 9月上旬〜10月下旬頃まで

 

収穫の時期

 

3月上旬〜11月上旬頃まで

 

主な利用法

 

鑑賞、料理、ハーブティー

 

利用部位

 

花、葉、種子、根

 

作用

 

利尿作用、滋養強壮、鎮痛作用、発汗作用、消化促進、消臭、去痰

 

土質

 

水はけの良い所が好しい。

 

水やり

 

乾いたら水を与える程度で充分育ちます。

 

日当り

 

日当りの良い場所で管理するようにしましょう。

 

耐寒性

 

耐寒性あり


 

 

fennel-2617_640

特徴

フェンネルはヨーロッパでは古くから使われてきたハーブの1つで、歴史上最古の作物とも言われております。
種子には様々な薬効があり、乾燥したフェンネルシードをハーブティーにして飲んだり、料理では特に魚料理に合うハーブとして種子や葉が使われています。

 


 

ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です