優れた鎮静効果!パッションフラワーを栽培してみよう!

スポンサーリンク

名称

パッションフラワー(トケイソウ)

 

植え付けの時期

4月上旬〜5月下旬頃まで

 

収穫の時期

5月上旬〜10月上旬頃まで

 

主な利用法

鑑賞、料理、ハーブティー

 

利用部位

花、葉、実

 

作用

鎮静効果、精神安定、睡眠導入

 

土質

水はけの良い所が好しい。

 

水やり

乾いたら水を与える程度で充分育ちます。

 

日当り

日当りの良い場所で管理するようにしましょう。

 

耐寒性

耐寒性なし

最低温度が5℃を下回る場合、屋内で管理するようにしましょう。


 

特徴

パッションフラワーは日本でもおなじみのパッションフルーツの花で、その花には高い鎮静効果があるのが特徴です。
ハーブティーには乾燥させた葉と茎を使い、眠れない夜に飲むと気分が落ち着き眠くなってきます。

 


 

ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です