ビタミン類豊富なハイビスカスを栽培してみよう!

スポンサーリンク

 

名称

ハイビスカス

 

植え付けの時期

5月上旬〜6月下旬頃まで

 

収穫の時期

5月上旬〜10月上旬頃まで

 

主な利用法

鑑賞、料理、ハーブティー

 

利用部位

 

作用

利尿作用、消化促進、解熱作用、滋養強壮、美容

 

土質

水はけの良い所が好しい。

 

水やり

成長期には多量の水を必要としますので、乾かさないように管理しましょう。

 

日当り

日当りの良い場所で管理するようにしましょう。

 

耐寒性

耐寒性なし

最低温度が15℃を下回る場合、屋内で管理するようにしましょう。


 

特徴

ハイビスカスはその花を見ると南の島を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?古代エジプトのクレオパトラの美しさを保っていたのは、ハイビスカスのお茶を毎日飲んでいたからと言われる程に美容効果があり、ビタミンやクエン酸を多く含み新陳代謝を促すため美容に敏感な女性に人気の飲み物となっています。

 


 

ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です