豊富なビタミンCを含むグースベリーを栽培してみよう!

スポンサーリンク

 

名称

グースベリー

 

種まきの時期

3月上旬〜4月下旬頃まで

 

収穫の時期

7月上旬〜8月下旬頃まで

 

主な利用法

鑑賞、料理、ハーブティー

 

利用部位

 

作用

老化防止、免疫力改善、動脈硬化予防、糖尿病予防、高血圧予防

 

土質

水はけの良い所が好しい。

 

水やり

乾いたら水を与えるように管理しましょう。

 

日当り

暑さに弱いので、半日陰となるような場所で管理するようにしましょう。

 

耐寒性

耐寒性あり

暑さに弱い反面、寒さには非常に強く−30℃にも耐えることができます。


 

 

特徴

グースベリーは日本名でセイヨウスグリとも呼ばれ、関東より北での栽培に適しています。
果実には豊富なビタミンC、食物繊維を含み、果汁は熱冷ましにも効果があります。
ジャムやジュース、スムージーにして摂取すると効果的に栄養素を摂取する事が出来るため、風邪を引いた時はグースベリーのジュースがオススメです。

 

 


 

ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です