皮膚の修復に効果的!カレンデュラを栽培してみよう!

スポンサーリンク

 

名称

カレンデュラ(キンセンカ)

 

種まきの時期

春まき 3月上旬〜4月下旬頃まで
秋まき 9月上旬〜10月下旬頃まで

 

収穫の時期

12月上旬〜6月下旬頃まで

 

主な利用法

鑑賞、料理、ハーブティー、染め物、ポプリ

 

利用部位

葉、花

 

作用

抗菌作用、抗炎症作用、抗ウイルス作用、粘膜の修復、貧血、生理痛。更年期障害

 

土質

水はけの良い所が好しい。

 

水やり

乾燥に弱いので、乾いたら水を与えるように管理しましょう。

 

日当り

日なたで栽培するようにしましょう。日当りの悪い場所では花がつきにくくなります。

 

耐寒性

耐寒性あり

冬場は霜よけなどをして直接雪などに当てないなどの工夫をします。


 

 

特徴

カレンデュラはマリーゴールドの仲間で、食用に出来るマリーゴールドです。
葉をサラダにしたり、花びらは料理の飾りに使用したりします。花びらには様々な薬効があり、ハーブティーにして摂取すると効果的です。
昔から皮膚のお薬として幅広く使用されてきた歴史があります。

 

 


 

ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です