甘くエキゾチックな香りのイランイランを栽培してみよう!

スポンサーリンク

名称

イランイラン

 

植え付けの時期

6月上旬〜9月下旬頃まで

 

収穫の時期

5月上旬〜10月下旬頃まで

 

主な利用法

鑑賞、精油

 

利用部位

花、葉、茎

 

作用

抗うつ、催淫、血圧低下、抗炎症作用、ホルモン活性

 

土質

水はけの良い所が好しい。

 

水やり

乾燥に弱いので、多湿気味に管理しましょう。

 

日当り

日なたで栽培しましょう。

 

耐寒性

耐寒性無し

10℃を下回る場合、屋内で栽培するようにします。


 

 

特徴

イランイランのその濃厚で甘い香りは香水の原料にも使用され、「パフュームツリー」と言う名の別名を持ちます。
花の中の花と言われる程甘い香りは古くから催淫効果があるといわれ、インドネシアでは新婚の夫婦のベットにイランイランの花をまく習慣があります。

 

 


 

ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です