アニシードの原料のアニスを栽培してみよう!

スポンサーリンク

 

名称

アニス

 

種まきの時期

春まき 4月上旬〜5月下旬頃まで
秋まき 9月上旬〜10月下旬頃まで

 

収穫の時期

7月上旬〜8月下旬頃まで

 

主な利用法

鑑賞、料理、ハーブティー

 

利用部位

花、葉、種

 

作用

消化促進、利尿作用、抗炎症作用、消臭、便秘、咳止め、去痰

 

土質

水はけの良い所が好しい。

 

水やり

乾燥に弱いので、特に3月の成長期には水を切らさないようにします。

 

日当り

日なたで栽培しましょう。

 

耐寒性

半耐寒性有り

0℃を下回る場合、屋内で栽培するようにします。


 

特徴

アニスは種を肉料理や魚料理の風味付けに使用したり、生葉をサラダなどにして食べたりします。
また薬理作用も咳を止めたり痰を切るなど古くは薬としても珍重されました。

 


 

ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です