近年注目の神様の草!ステビアを栽培してみよう!

スポンサーリンク

 

名称

ステビア

 

植え付けの時期

5月上旬〜6月下旬頃まで
収穫の時期

5月上旬〜10月下旬頃まで

葉が茂ってきたら随時収穫可能です。甘味成分が一番多くなるのは花が咲き終わった後ですので、保存する場合はこの時期に収穫するようにしましょう。
主な利用法

料理、鑑賞、ハーブティー

 

利用部位

葉、茎

 

作用

抗菌作用、抗酸化作用、殺菌作用、高血圧、胃腸不良改善、精神安定

 

土質

水はけの良い所が好しい。

 

水やり

乾燥が苦手なハーブですので乾かさないように管理しましょう。

 

日当り

日当りの良い所で栽培しましょう。

 

耐寒性

耐寒性有り


 

特徴

ステビアは砂糖の200倍もの甘みを持つステビオサイドという甘み成分を持つハーブです。甘みは強いですが低カロリーなのが特徴です。
また薬効も優れており様々な症状の緩和の他に、近年では癌やc型肝炎に効果があるハーブとして注目されています。

 


 

ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です