医者いらずのハーブ!ゲラニウム(ゲンノショウコ)を栽培してみよう!

スポンサーリンク

 

名称

ゲラニウム(ゲンノショウコ)

 

種まきの時期

3月上旬〜4月下旬頃まで
収穫の時期

6月上旬〜9月下旬頃まで

花が咲き始めたら収穫適期です。株元からカットして収穫しましょう。
主な利用法

ハーブティー

 

利用部位

葉、花

 

作用

下痢、便秘予防、胃腸機能改善

 

土質

水はけの良い所が好しい。

 

水やり

乾燥が苦手なハーブですので多湿気味に管理しましょう。

 

日当り

日当りの良い所で栽培しましょう。

 

耐寒性

耐寒性有り


 

 

特徴

ゲラニウム(ゲンノショウコ)は古くから民間の薬草として利用されてきました。
「医者いらず」とも呼ばれ下痢に対しては特に優れた薬効を持ちます。
日当りの良い道ばたや畑などにも自生しています。

 

 


ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です