気管支炎に効果があるマシュマロウを栽培してみよう!

スポンサーリンク

 

名称

マシュマロウ

 

植え付けの時期

4月上旬〜5月下旬頃まで

 

収穫の時期

5月上旬〜8月下旬頃まで

花が咲き始めたら、収穫可能です。夕方にはしぼんでしまう為、朝方に収穫しましょう。

葉は7月頃から随時収穫可能です。

 

主な利用法

料理、鑑賞、ハーブティー、ポプリ、入浴用

 

利用部位

葉、花、根

 

作用

気管支炎解消、喉の痛み、咳、便秘、肌荒れ、鎮静効果

 

注意点

株がとても大きく育ちますので、株間を広めに取って植えるようにしましょう。

 

土質

水はけの良い所が好しい。

 

水やり

乾燥が苦手なハーブですので、乾かさないように管理しましょう。

 

日当り

日当りの良い場所で育てましょう。

 

耐寒性

耐寒性あり


 

 

特徴

マシュマロウはお菓子のマシュマロの原料になります。ビロードアオイやウスベニタチアオイの名前でも呼ばれており、ハーブティー気管支炎などの喉の痛みを和らげる作用があります。
その他にもハーブティーには利尿作用や血糖値を下げる効果もあり、栽培も簡単ですのでお勧めできるハーブです。

 


ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です