偏頭痛や虫よけに!フィーバーフューを栽培してみよう!

スポンサーリンク

 

名称

フィーバーフュー

 

植え付けの時期

10月上旬〜11月下旬

 

収穫の時期

4月上旬〜9月下旬頃まで

花が咲いたら収穫可能です。茎ごと刈り取ってネットなどに入れ乾燥させます。

 

主な利用法

鑑賞、入浴用、ポプリ

 

利用部位

葉、花、茎

 

作用

鎮静効果、消炎効果、頭痛

 

注意点

妊婦の使用は控えて下さい。生の葉も炎症を起こす事があるので摂取は控えましょう。

 

土質

水はけの良い所が好しい。

 

水やり

多湿が苦手なハーブですので、乾燥気味に育てる。
水は乾いたら与える程度で十分育ちます。

 

日当り

日当りの良い場所に植えましょう。

 

耐寒性

耐寒性あり


 

 

特徴

フィーバーフューはカモミールにも似た可愛い花が特徴のハーブです。観賞用として庭に植える他、抽出液に鎮静作用や消炎効果などの薬効もあります。
その強い芳香は虫よけ効果もあり、他の作物と混植するとハチやアリを寄せ付けません。
頭痛に対しては優れた薬効を示します。

 


 

ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です