バターや料理の風味付けに!チャービルを栽培してみよう!

スポンサーリンク

 

名称

チャービル(セルフィーユ)

 

種まきの時期

春まき 3月上旬〜4月下旬頃まで
秋まき 9月上旬〜10月下旬頃まで

 

収穫の時期

10月上旬〜6月下旬頃まで
タネまき後、約60日程で葉が収穫できます。中心から新芽が出てきますので、大きく育った外側の葉を付け根から収穫しましょう。

 

主な利用法

鑑賞、料理、ハーブティ、入浴用

 

利用部位

葉、花

 

作用

解毒作用、消化促進、血行促進

 

注意点

種ができると枯れてしまいますので、花茎が伸びてきたらすぐに摘み取るのが長く収穫をするコツです。

 

土質

水はけの良い所が好しい。

 

水やり

乾燥が苦手なハーブですので、乾かさないように管理しましょう。

 

日当り

日差しと乾燥に弱いので、日陰で栽培するようにしましょう。

 

耐寒性

耐寒性有り


 

特徴

肉料理や魚料理の風味付けに使われる他、ハーブティー、ハーブバターにも利用できます。
生葉を料理に使用する場合、加熱しすぎると風味が飛んでしまうため、火の通し過ぎに注意するようにします。
保存は、バターに混ぜ込みハーブバターにすると風味を長く楽しめます。

 


 

ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です