自然の薬局!タンポポを栽培してみよう!

スポンサーリンク

 

名称

タンポポ、ダンデライオン

 

植え付けの時期

春まき 3月上旬〜5月下旬頃まで
秋まき 9月上旬〜11月下旬頃まで

 

収穫の時期

3月上旬〜5月下旬頃まで
若葉はサラダやハーブティーに、根は乾燥させてフライパンで炒ってコーヒーにする事が出来ます。

 

主な利用法

鑑賞、料理、ポプリ、ハーブティ、コーヒー

 

利用部位

葉、花、根

 

作用

根の主な作用 胆汁分泌、食欲不振、便秘、消化不良、
葉の主な作用 利尿作用、むくみ、関節炎

 

土質

水はけの良い所が好しい。

 

水やり

乾いたら与える程度で十分育ちます。

 

日当り

日当りの良い所で栽培しましょう。

 

耐寒性

耐寒性有り


 

 

特徴

タンポポは自然の薬局と言われる程、薬効があり様々な症状の改善に効果的なハーブです。
タンポポコーヒーは有名で、ノンカフェインのため妊婦さんも安心して飲めるコーヒーです。
アルカリ性の土を好みますので、栽培する際は石灰などでphを矯正して栽培する事をお勧めします。

 


 

ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です