小粒でもぴりりと辛い!山椒を栽培してみよう!

スポンサーリンク

 

名称

山椒(さんしょう)

 

種まきの時期

春まき 3月上旬〜4月上旬頃まで
秋まき 9月上旬〜11月上旬頃まで

 

収穫の時期

4月〜8月頃
山椒の実の色が変わらない出来るだけ「青い」うちに収穫するようにしましょう。
葉はまだ小さく、軟らかい時が収穫の適期です。
写真は収穫の目安の色です。
81902181438e3e0aa38018888a8f0981_s

 

主な利用法

料理、鑑賞
実は「山椒粉」や「佃煮」に使われたりしています。
葉は「おひたし」や『佃煮」に使われる事が多いです。

 

利用部位

葉、実

 

作用

鎮痛効果、胃腸不良の改善、発汗作用

 

注意点

枝にトゲがありますので収穫の際はトゲに気をつけ、手袋をするなどして収穫するようにしましょう。

 

土質

水はけの良い所が好ましい

 

水やり

夏場の暑い時期は、株が夏バテしやすいので水を切らさないように管理しましょう。

 

日当り

日当りの良い所から、明るい日陰でもよく育ちます

 

耐寒性

耐寒性有り

 


 

 

特徴

漢方薬や香辛料として使用されるハーブです。
独特の痺れるような辛さと香りが中国料理などとよく合います。
女性特有の月経痛などにも効果があり、自然のお医者さんです。

 


ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です