婦人病に効果のあるサフランを栽培してみよう!

スポンサーリンク

 

名称

サフラン

 

球根の植え付け時期

8月中旬〜10月上旬頃まで

 

収穫の時期

10月〜12月頃
雄しべを利用する場合は開花後すぐに摘み取り、キッチンペーパーの上などで乾燥させてから使用します。

 

主な利用法

料理、ハーブティー、ポプリ、鑑賞、染め物

 

利用部位


雄しべを乾燥させて使用します。

 

作用

記憶力向上、細くなった血管を広げる、生理不順緩和、冷え性緩和、PMS

 

注意点

血管を広げる作用がありますので、妊婦さんのご使用は控えるようにして下さい。
不眠などの作用もありますので、不眠症の方のご使用は控えるようにしましょう。

 

土質

水はけの良い所が好ましい

 

水やり

乾いたら与える程度

 

日当り

日当りの良い所に植えましょう

 

耐寒性

耐寒性有り

 


 

 

特徴

漢方薬や香辛料として使用されるハーブです。料理でパエリアやブイヤベースやカレーの色づけや風味付けに使われたりしています。
体に良い作用も、副作用もありますので食べる際は、特に妊婦さんは副作用がありますので摂取を控えるようにしましょう。

 


ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です