食べたり、薬にもなるサラダバーネットを栽培してみよう!

スポンサーリンク

 

名称

サラダバーネット

 

種まきの時期

春まき 3月上旬〜5月上旬頃まで
秋まき 9月上旬〜11月上旬頃まで

 

収穫の時期

3月上旬〜11月下旬頃まで

 

主な利用法

料理、ハーブティー、ポプリ、入浴用、鑑賞

 

作用

整腸作用、消化促進、むくみ防止、利尿作用、止血剤

 

利用部位

花、葉

 

土質

水はけの良い所が好ましい

 

水やり

乾燥が好きなハーブですので、乾いたら水を与える程度で十分です。

 

日当り

日当りの良い場所を好みますので、日なたに植えましょう

 

耐寒性

耐寒性有り
寒さにはとても強いです。秋の終わりには、地上部を刈り取っておくと翌年また芽を出し成長します。

 


 

 

特徴

葉、茎、根と全て食用として使用できます。葉にはキュウリのような香りがあり、少し苦みもあります。
若葉をスープやサラダに浮かせて食したり、ワインの香り付け、ハーブティーなどにも使用する事ができます。
他にも葉を刻んで溶かしたバターに混ぜ再び固めるとサラダバーネットバターの出来上がりです。

サラダバーネットは傷口や肌の炎症を抑える収れん作用がありますので、傷薬としても使える万能ハーブです。

 


 
ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です