自然のお医者さん!コーンフラワーを栽培してみよう!

スポンサーリンク

 

名称

コーンフラワー

 

種まきの時期

秋まき 9月上旬〜11月上旬頃まで

 

収穫の時期

3月上旬〜7月上旬頃まで

 

主な利用法

料理、ハーブティー、ポプリ、入浴用、鑑賞、マウスウォッシュ

 

作用

眼精疲労、消化促進、育毛効果、口内炎痛緩和、利尿作用、口臭予防

 

利用部位

花、葉

 

土質

水はけの良い所が好ましい

 

水やり

乾いたら与える程度

 

日当り

日当りの良い場所を好みますので、日なたに植えましょう

 

耐寒性

耐寒性有り

 


 

 

特徴

コーンフラワーは大変丈夫で、一度種まきをすればこぼれ種でどんどん増えて行きます。麦畑やとうもろこし畑の雑草としてもヨーロッパ広域に咲いている程の繁殖力です。

コーンフラワーにはアントシアニンという成分が含まれております。体の老化防止や眼精疲労に効果があります。その他にも、あの痛くて厄介な口内炎の炎症を鎮める効能があります。

 


ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です