猫が酔っぱらうハーブ!キャットニップを栽培してみよう!

スポンサーリンク

 

名称

キャットニップ

 

種まきの時期

春まき 4月上旬〜5月下旬頃まで
秋まき 9月中旬〜10月中旬頃まで

 

植え付けの時期

4月上旬〜5月下旬頃まで
9月中旬〜10月下旬頃まで

 

収穫の時期

4月〜10月頃

 

主な利用法

料理、ハーブティ、ポプリ、鑑賞

 

利用部位

葉、花

 

利用法

摘みたての花と葉をハーブティに利用したり、つぼみがついた頃に、枝ごと収穫し乾燥させてポプリにしたり出来ます。

 

作用

風邪、胃腸障害、発汗、精神安定、頭痛、湿布薬、消化促進

 

土質

極端な痩せ地でなければ育ちます

 

水やり

湿った土を好むので乾かさないように管理しましょう

 

日当り

日なた

 

耐寒性

耐寒性有り

 

注意点

妊婦さんのご使用は控えましょう。

 

 

特徴

キャットニップは猫が好む香りを持つハーブで猫が酔っぱらった状態になります。
アブラムシ、甲虫類の被害を減らすので、野菜の間に植えてコンパニオンプランツとしても利用されたりします。
こぼれた種で増えていくほど丈夫なハーブで草丈もあって大きくなるので、キャットニップの作付けの際は配置に気をつけましょう。


 
ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です