中国野菜!タアサイを栽培してみよう!

スポンサーリンク

 

タアサイは寒さにあたると甘みの増す中国野菜です。その特性から味の良い「秋まき冬どり」栽培をオススメします。炒め物やおひたしに向いておりますので是非自家製タアサイ栽培にチャレンジしてみて下さい。

 

連作障害

 

あり(1〜2年は空けましょう)

 

種まきの時期

 

寒冷地 5月上旬〜9月上旬頃まで
中間地 4月上旬〜10月上旬頃まで
暖 地 3月上旬〜10月下旬頃まで

 

主な栄養素

 

カロテン、ビタミンC、ビタミンK、カルシウム、カリウム、食物繊維、鉄分
ワンポイント

 

虫に食害を受ける事がありますので寒冷紗などで保護してあげましょう。
発芽までは乾かさない管理をする事が発芽率の上昇につながります。


 

 

1.土作り

 

植え付けの2週間前に、石灰100g/㎡を散布し耕しておきましょう。
1週間前には、堆肥2kg/㎡と化成肥料100g/㎡を散布して耕した後、幅80cm、高さ10cm程の畝を立てましょう。

 

 

2.種まき

 

条間30cmで2列の播きミゾをつけましょう。ミゾをつける際、棒を押し当てると簡単にミゾをつける事が出来ます。
ミゾをつけたらスジマキで種をまきましょう。種まき後、薄く土をかけ水をたっぷりと与えましょう。

 

 

3.間引き

 

間引きは合計で3回行いましょう。
目安としては

1回目の間引き 双葉が開いたら   株間を3〜4cmに間引く
2回目の間引き 本葉が2〜3枚の頃 株間を5〜6cmに間引く
3回目の間引き 本葉が5〜6枚の頃 株間を10cm〜15cmに間引く

間引き後は化成肥料30g/㎡を与え、土寄せを行いましょう。

 

4.収穫

 

春まきの場合35〜40日、秋まきの場合約50日を目安に収穫を行いましょう。株の根元を刃物で切り収穫をしましょう。


 
ご質問、お問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です